Peter Hammill / live at RAG / 27th May 2009

f0134076_8484392.jpg
    京都 ライブスポットRAG 19:30~

    piano
  1. Don't Tell Me
  2. The Unconscious Life
  3. This Side of the Looking-Glass
  4. Meanwhile My Mother
  5. Gone Ahead
  6. Bubble

    guitar
  7. Comfortable
  8. Driven
  9. If I Could
  10. Stumbled
  11. Last Frame

    piano
  12. Unrehearsed
  13. Curtains
  14. Undone
  15. A Better Time
  16. Stranger Still

    encore (guitar)
  17. Ophelia

これまで二つとして同じセットリストはないというピーター・ハミルのライヴだが、Meanwhile My Mother - Gone Ahead - Bubble と Unrehearsed - Curtains の流れは直前に決めたとは思えないほど自然なもの。

新作『Thin Air』から演奏されたのは2曲。
呪術的なトリルが耳から離れがたい「Stumbled」、こちらが「警告」なら「Undone」は「人生の先輩より」か。しかも「Undone」から続けて「A Better Time」という絶妙の選曲。この人が一瞬一瞬を大切に、過去より未来より「今」を大切に生きていることが伝わる曲だ。

「Stranger Still」のエンディングがいつもと違う!
ピアノの手を止め、最後はマイクも通さず、囁きに変わるまで繰り返す
a stranger, a worldly man
きっと会場の皆が息をつめ身を乗り出していたことだろう。

アンコール曲はギターで「Ophelia」
もしかしたら三条か四条大橋、もしかしたら納涼床から鴨川の流れを見たかな、
京都らしい選曲かもしれない。
down the river Ophelia goes...

ファンの声援に応えるとき、また「アリガトウ」と言うとき、彼は合掌する。きわめて東洋的な感謝のジェスチャーだが、細身のピーターが柔和な笑みをたたえて両手を合わせる姿は、まるで何かの仏像のようだった。

こちらこそ、今年もありがとう。
全霊でうたう姿を見せて、聴かせてくれてありがとう。
[PR]

# by drift_glass | 2009-05-31 08:59 | 聴く観る感じる  

The Damned / live at Zepp Nagoya / 4th April 2009

    名古屋 ZEPP Nagoya 16:50~
  1. Love Song
  2. Second Time Around
  3. Disco Man
  4. Neat Neat Neat
  5. Alone Again Or...
  6. Melody Lee
  7. Jet Boy, Jet Girl
  8. Looking at You
  9. Blackout
  10. Antipope
  11. New Rose (w/Rise Against)
  12. Smash It Up

PUNKSPRINGというパンクの祭典に出演のダムドを、当日券で見る。
2005年の単独公演以来4年ぶりか?
見よ、このセットリスト。
新譜や前作からの曲はDave Vanian参加の「次の」来日公演のお楽しみとして、
キャプテンが数日間で一所懸命歌詞を練習した曲の数々。

ギター担いで肩越しに弾いてみたり、Antipopeでは大げさに神様を振り仰ぐジェスチャーしてみたり、目も楽しめ、きらびやかなギターで耳も楽しめ、
リードヴォーカルとるキャプテンを数メートル先に見られるとは感無量。

赤いベレー黒いベストのベストドレッサーはRod Stewart 「I'm Sexy」のサビを口ずさんだり、どこで覚えたのか
「♪タ~ラコ~、タ~ラコ~、オイシー!」
いやベジタリアンが食べちゃいけないって。
「○○(失念したがベッカムだったかも) is a wanker !」と毒づいていたかと思うと急にあらたまった口調で
「ワタシハ、キャプテンデス」
「ディヴガコナクテゴメンナサイ」と。
「ディヴガコメクテゴメサナイ」みたいにも聞こえたが。

ピンチが意外な美声を披露した「Disco Man」も、
モンティがキーボードの前でぴょんぴょん飛び跳ねたりする姿も、
相変わらず楽しくて元気なステージだった。

「New Rose」の前に「ゲストがいるよ」と言うからSpooky登場かと思ったら、先ほどのRise Againstのギタリストが出てきてキャプテンとハグハグ。
ベースのスチュアート同様スキンヘッドなので、一緒にステージにいても違和感ないわ~
(ギター聴こえなかったけど)。

しめくくりはもちろん、キャプテン自身の「Smash It Up」。
イントロが始まると「あ、これラストだ」とわかって寂しい。
また来てね、絶対ヴァニアン連れて来てね。
[PR]

# by drift_glass | 2009-04-05 20:30 | 聴く観る感じる  

小間慶大「青空」

f0134076_15192330.jpg
    小間慶大『青空』CD(TLCA1015)
  1. ボート boat
  2. 青空 blue sky
  3. 歩兵 pawn
  4. マーチ march
  5. クーロン nine dragons
  6. 案山子 scarecrow
  7. HaziMe beginning
  8. きよし holly
  9. いかり anchor for anger
  10. 聖夜 silent night

1983~2004年の間に作った劇中音楽を集めたもの。
一度深海に沈んだ曲達が一瞬僕に還って来て今度は青空に霧消していくような感じがしてます。

実は私のXTC大恩人なんである。
約30年ぶりに活動(音)を聴くことができました。
たたずまいが見えるようだ。
[PR]

# by drift_glass | 2009-03-31 15:34 | 聴く  

japan蒔絵~宮殿を飾る東洋の煌めき~

10/18~12/7までの特別展覧会「japan蒔絵~宮殿を飾る東洋の煌めき~」開催中の京都国立博物館へ。

さすが平日昼間、人も少なく、じっくり読めたし気に入った展示に引き返しては何度も見返すことができたし、内容にも満足した。マリー・アントワネットをはじめ海外にこれほど日本の工芸品のファンがいたとはね。そういう所蔵品にお目にかかるチャンスも滅多にないしね……

西洋で唐子の絵を模して描かせたものが、連れている犬だけ洋犬の姿になっているのもたいそうおもしろい。この展示に関しては、Uさんにその場でいろいろ教えてもらいたかったなぁ。

常設展示の「阿弥陀二十五菩薩来迎図」、スピード感といい構図といい大好きな作品だったのでやっと見られた~。
[PR]

# by drift_glass | 2008-10-30 23:30 | 観る  

追悼 緒形拳さん

f0134076_11591292.jpg・ポール・シュレイダー監督
『mishima:a life in four chapters』(1985)

緒形拳さんの訃報を知り、出演作で唯一持っているDVDで再見。
“Art into action”

昭和43年2月26日三島由紀夫はじめ後日楯の会一期生となる11名で「我々ハ皇国ノ礎ニナランコトヲココニ誓ウ」と書いた紙に自分の指を切りその血で署名する。三島(緒形拳)は著書やブログ題字でなじみの深い味のある四角い字で「平岡公威」と書いた。

『楢山節考』『砂の器』『火宅の人』『八甲田山』
出演作にずらりと傑作の並ぶ中、一番強烈に焼きついているのは、『鬼畜』の小心な印刷屋の親父。

ご冥福を心よりお祈りいたします。
緒形さんも愛猫家だったんだ……
[PR]

# by drift_glass | 2008-10-07 12:01 | 観る  

ゲイルズバーグの春を愛す

f0134076_8553320.jpg・ジャック・フィニイ「ゲイルズバーグの春を愛す」
I Love Galesburg in the Springtime

表題作を再読。
gale's burg 「そよ風の街」

ゲイルズバーグの街を愛してやまない人たち同様、ゲイルズバーグの街を愛してやまない過去がいる。物語の結びは、目にも鮮やかな赤い車体が読者の心を捉えていつまでも離さない。
警察では、その車の完全なまでの特徴を教えてくれたから、発見はさほど困難ではないと思っているのである。だがそれによると、その車は(p39)

[PR]

# by drift_glass | 2008-10-05 23:15 | 読む  

たま「東京フルーツ」「室温~夜の音楽~」「いなくていい人」

より自由な活動を求めて、自主レーベル地球レコードを設立しメジャーからあえてインディーズに戻った、たま。1995年に柳原幼一郎(陽一郎)が脱退し、知久寿焼、石川浩司、滝本晃司(地球レコードの社長でもある)の3人で活動を続け2003年10月をもち解散。解散後も、元メンバー同士の相互乗り入れでの複数ユニットでレコーディングやライヴ活動中。

なーんて能書きはともかく、たまの音楽はいい。『ろけっと』までは追っていたのだが、地球レコードのCDは当初郵便振込の通販かライヴ会場くらいでしか買えなくて、インターネットを始めてからもそのままバンドの活動からずっと遠ざかっていたのが本当にくやしい。一度もライヴを観ることのないまま解散してしまった。今は地方にいてもamazonやHMVオンラインショップで手軽に注文できるようになった。いい時代である。

f0134076_120052.jpg・たま『東京フルーツ』CD(CHIKYU-008)
1. 安心
2. とかげ
3. カボチャ
4. 夢の中の君
5. 学習
6. ハダシの足音
7. 小象の…
8. いわしのこもりうた(Oil Sardin Lullaby)
9. さよならおひさま
10. ラッタッタ
11. 「夏です」と1回言った
12. ゆめみているよ

石川さんのシュールな世界をたっぷり味わえる「小象の…」も、♪ぼくの未来は火葬場の灰……と歌うみもふたもない名曲「安心」(知久)、いい声をしてるなと聴きほれる「いわしのこもりうた」(知久)、日本語としてどうなのよと思いながら水まきのシャワーにかかった虹のような美しさがやっぱり好きな「夏ですと1回言った」(滝本)も他のバンドでは再現できない音楽だ。

・たま『室温~夜の音楽』CD(CHIKTYU-0015)
f0134076_1159414.jpg1. 安心(『東京フルーツ』より)
2. いわしのこもりうた
3. 間宮くん
4. ガウディさん(『しょぼたま』より)
5. さよならおひさま(『東京フルーツ』より)
6. 夜のおんがく(traditional)
7. おるがん
8. ハダシの足音(『東京フルーツ』より)
(2.3.6.7 - 2001年7月18日青山円形劇場にて録音)
第5回鶴屋南北戯曲賞、第9回読売演劇大賞優秀賞をW受賞したケラリーノ・サンドロヴィッチ(ナイロン100℃)の戯曲でたまが音楽を担当、役者としても出演しステージで演奏した同タイトルの劇中曲を編集。

f0134076_13244774.jpg・たま『いなくていい人』(CHIKYU-004)
1. いなくていいひと
2. へっぽこぴー
3. ぎが
4. 青空
5. 箱の中の人
6. 326
7. 健さん
8. ハッピーマン
9. 南風
10. サーカスの日

解散ライヴDVD『たまの最期!!』で凝ったライティングと弾けた演奏を楽しめた「へっぽこぴー」も「ハッピーマン」も大好きだが、石川曲でひときわぶっ飛んでいるのは、『いなくていい人』の「健さん」。
鳶職の健さんが妊娠した!できちまった!おなかの子のため禁酒禁煙、足場の上でつわりにクラッとする健さんはでも少し幸せそう……という内容である。とんでもないシチュエーションながら明確な映像が(カフカの、目覚めたら毒虫になっていた)ザムザ並みに不思議な説得力をもつ。

人の目にはただのいぬ、ぼくにはかけがえのない「ぎが」。「いつかきっとかならずや」ぼくでもぎがでもなくなる時は来る、だから遠い将来でなくとりあえず明日なにしようか?と子犬の寝顔に語りかける「ぎが」(知久)もシンプルであるがゆえに、聴くごとに深い。「生命」「死」「かわいい」「好き」という言葉を使うまでもない、あふれんばかりの思い。

たまをコミックバンドの一発屋と思っている人は多いかもしれないけれど、彼らの音楽はもともと言葉どおりの意味で「プロブレッシヴ」だった。歯切れがよく、無駄な音はひとつもない。イメージは鮮烈だ。
YouTube
かにばる」(4:50くらいより)

自分の音楽を誰に妥協することなく演奏して、なおかつ商業ベースに乗せられる人たちを私は単純に尊敬し、応援している。けちって中古盤でなく、新譜で買う程度の、ほ、ほ、ほんとにビリョクながら。
[PR]

# by drift_glass | 2008-09-30 13:19 | 聴く  

「大侵略」(1968)

f0134076_836196.jpg・アンドレ・ド・トス監督『大侵略 (Play Dirty)』(1968) 

『大侵略』はハリー・サルツマン製作、北アフリカ戦線のオフビートな戦争アクション映画で、ドイツ軍補給基地を叩くための囮として集められたはぐれ者傭兵部隊が、砂塵や地雷に悩まされながら男と見れば襲って物資を奪う、女と見れば襲って(以下自粛)

傭兵の指揮を命じられたのが実戦経験なしの石油技師ダグラス大尉(マイケル・ケイン)。捨て駒の彼らを敵の前に差し出し、その隙に大隊が目的地を爆破するという戦略(ひどいよねぇ)。本人たちは上層部のそんな思惑もつゆ知らず、ズタボロになりつつようやく敵の補給基地へ到着した。そこで彼らが見たものは……

原題Play Dirtyとは「卑劣なことをする」「ずるい手を使う」「えげつないことをする」
傭兵部隊も上層部も敵も味方もみんなひどいもんでした。 そしてあの結末! そのひとことで片付けちゃうの?

ケインの声を故・広川太一郎が、前科者の部下(ナイジェル・ダヴェンポート)を納谷悟朗が吹替え。豪華なのだ。 ド・トス監督はノンクレジットだがあの『アラビアのロレンス』第二班(セカンド・ユニット)監督なんですと。砂漠はお手のものですね。サルツマン製作ならほぼ同時期の『空軍大戦略』のほうがよかったなぁ。
いや、ハリー・パーマーシリーズのほうがもっと(へっへっへ)。
[PR]

# by drift_glass | 2008-09-29 08:32 | 観る  

Dream Theater 「Lie」

f0134076_13582894.jpg・Dream Theater 「Lie」 CDS (7567-96385-2 A5835CD)

1. Lie (edit)
2. Space-Dye Vest
3. To Live Forever (previously unreleased)
4. Another Day (The Marquee, April 23 1993)

1994年のサードアルバム『Awake』からのUKマキシシングル。 Dream Theaterも今まで聴いたことがなかったが、すみませんすみません、こんないい音楽を。有名すぎていまさら「どこの国のバンド?」と人に聞くのも恥ずかしいくらいだ。

スローバラードから徐々に盛り上がる「To Live Forever」がとってもいい曲で、James LaBrieの声も好み。
[PR]

# by drift_glass | 2008-09-22 20:20 | 聴く  

20世紀少年

・堤幸彦監督『20世紀少年』(2008)

一家4人合計140歳で観に行く。
全員原作を読んでいるので余裕で見られたが、知らないと時間軸を把握するだけでいっぱいいっぱいかもしれない。回想シーンの少年ドンキーが一番よかったな~。あと「恋の季節」を歌いながら草をなぎ払っていくヤン坊マー坊も原作どおりのルックスが秀逸。うなじが汗で濡れたシャツなど芸が細かいのだ。

とても興味のあるキャラクターを目当てに(高須/小池栄子とか、万丈目/石橋蓮司、ヨシツネ/香川照之、神様/中村嘉葎雄)第二部、第三部も観てしまうんだろうなぁ。ただ海ほたる刑務所での長いエピソードはだいぶ削られてしまうのかな。

「ともだちTシャツ」¥3,000、「ともだち手ぬぐい」¥600とお高く、もちろん買わなかった。
[PR]

# by drift_glass | 2008-08-30 23:06 | 観る