或る殺人

f0134076_2315356.jpgロバート・トレイヴァー『裁判 ある殺人事件の解剖(上下)』(創元推理文庫)
1958年刊行後、38週連続全米ベストセラー1位。 作者は当時現職のミシガン州最高裁判事。妻を陵辱された夫が加害者を射殺した事件をめぐり、検察側と弁護側の一大攻防戦という内容。この作品を映画化した、オットー・プレミンジャー監督『或る殺人(1959モノクロ)』をWOWOWで観る。

オープニングがソウル・バス!主演がジェームズ・スチュワート!……これ『めまい』だったっけ?と首を傾げつつ観始め2時間40分、デューク・エリントンの生演奏風景もちらっと拝め、都会の切れもの検事役のジョージ・C・スコットと仔犬の好演も印象的。ただ、原作では丁寧に描かれている被告のキャラクターが映画ではバッサリ省略され、単なる依頼人程度の扱いだったのが残念だ。
[PR]

by drift_glass | 2006-06-24 21:30 | 観る  

<< Do what you wil... ばんじろう >>