ふくろうの河

・ロベール・アンリコ監督『ふくろうの河』(1962年仏)/ DVD (DXDS-0027)
モノクロ 93分
1963年アカデミー賞短編実写賞受賞
1962年カンヌ国際映画祭パルム・ドール(短編)受賞
1. ものまね鳥
2. チカモーガ
3. アウル・クリーク橋の一事件

昔、『世にも怪奇な物語』という怖いオムニバス映画を観た。
『ふくろうの河』もアンブローズ・ビアス自身の南北戦争体験に基づいた短編から成る三部作で、双子もの、子供もの、脱出ものが好きなら一粒で三度おいしい。『悪魔の辞典』以外ビアスの作品は未読で、原作がわかれば作品集で読める……と調べるも、表題作"An Occurrence at Owl Creek Bridge"以外わからず。 Googleでそれらしきタイトルを打ち込み、原文の掲載サイトで"One of Twins""A Baby Tramp"など拾い読みして内容とつきあわせるも、はずれ。

やっと"The Mocking-Bird (ものまね鳥)""Chickamauga(チカモーガ…南北戦争の激戦地)"だと確認できた。わたしも物好きな。

耳栓をするか音を消して観ると、道化のようなあるいは幽霊のような、また次々と川に倒れこむレミングの群れのような兵士たちの間を嬉々として走り抜ける少年の気分を味わえるかもしれない。このエピソードでは、始まりと終わりの黒人霊歌がとても印象的だった。

表題作「ふくろうの河」は25分にも満たない短編ながら、一度観たら忘れられない。
[PR]

by drift_glass | 2006-04-29 21:30 | 観る  

<< そこだけの小世界 新釈現代文 >>