Swans at Coole / Steve Tilston

Swans At Coole (1991) / Steve Tilston / CD (D2-71366)

Rhapsody
The Wind That Shakes The Barly / The Ladies Pantalettes
(traditional reels)
Planxty Corcoron (O'Carolan)
The Monaghan Jig (traditional)
Prelude
Ernie Clarke's Lament
Lullaby
Stuart Gordon - violin (1,2,3)

どうせ聴くなら、と興味のあるジャンルで探してみるとこのアルバム。 Steve Tilstonの歌もの(手違いで送られてきた『and so it goes ...』)もきれいな音楽だったが、ヴォーカルの入らないこちらのほうが気が散らなくていい。Tilstonの歌声が好き、という人には非常に心苦しいのだった。

「Rhapsody」から「Merrily Kissed The Quaker」(Greatest HatsのB面ラスト)のフレーズが流れてきて、ギターによるアレンジ主体なので同じ曲でもおもしろいほど雰囲気が変わる。 John Renbournといいこの人といい音色が柔らかなのは二人ともフィンガースタイルのギタリストだからなのか、と毎回発見が続く。それもまた楽しい。
[PR]

by drift_glass | 2005-02-24 23:00 | 聴く  

<< On Air / The In... Modern Lullaby ... >>