Aitara / Värttinä

Värttinä / Aitara (1994) / CD(NSD 6050)

Katariina
Tumala
Maamo (Mother)
Niin mie mieltynen (The Beloved)
Mie tahon tanssia (I Want To Dance)
Tammi (The Oak)
Pirsta (Silver)
Outona omilla mailla (A Stranger In My Own Land)
Travuska
Yötulet (The Night Fire)
Kannunkaataja (The Tippler)
Aitara
This 1994 recording offers a particularly strong set of Värttinä tunes, with powerful melodies and well-crafted arrangements. As usual, the four female vocalists are at center stage, with the beautiful, weaving vocal harmonies which have become the band's trademark.

クレジットによるとフィンランドの伝統音楽をアレンジした曲とオリジナルの混合らしい。このグループ初期のメンバーPauliina Lercheのソロアルバムを先に聴いていたので、全曲ハイなコーラスに彩られるVärttinäの音楽をアルバム1枚通して聴くと、賑々しさに少し疲れてしまった。もちろんぴたりと4人の息のあったコーラスと変拍子がたまらない、という人のほうが多いんだろうな。自分にはある程度風通しのよい、音の隙間を残したPauliinaのアルバムのほうが合っているみたいだ。
[PR]

by drift_glass | 2005-08-22 22:52 | 聴く  

<< 意味の多様性の七類型 Suspiria >>