GYPP - Reunion Concert / Gypp

・GYPP - Reunion Concert / Gypp / CD(JAR-040)
Sunday, September 8th 1996
Ian Peppercorn
Martin Newell
Jock Davies
Brian Rudd
John Butters
Tony Phillips

1974年Ipswichで結成され、オリジナルメンバーはIan Peppercorn(G), Brian Rudd(Key), John Butters(D), Jerry Hovell(Vo,G), Roger-Clerke Johnson(B)。60年代ソウル/ポップシーンを継承した音楽性で、カセットテープによるコンセプトアルバム"The Guild Of Watchers" をリリース、そこそこの人気を得ていた。

1976年Hovell, Clerke-Johnsonが脱退。メインソングライターHovellの穴をMartin Newellが埋め、バンドはよりスペーシーでサイケデリックな音楽性を前面に出し各地の野外フェスやクラブツアーに出る。
1978年初めTony Phillips(B)が参加しリズムセクションを補強、秋までにファーストシングル"YAHH!"をレコーディング。 1979年国内でさらに演奏活動の場を広げたところでMartin Newellが自身の創作活動を優先するため脱退(以後彼は10年近く演奏活動から離れる)。

1980年にGYPPはJock Davies(Vo)を迎え、ドイツへツアーに出る。新曲を書き溜めていたバンドは帰国後ロンドンでシングル"Airship"をレコーディングしたが、これがリリースされることはなく、翌年の夏Davisが脱退し、GYPPの活動は幕を閉じた。

Tony PhillipsはCaptain Sensibleのソロアルバムレコーディング時のエンジニアで、その後、Joni Mitchell, Prefab Sprout, Pete Townshend, John Lydon, Seal, Celine Dionなどのレコーディングも手がけているそうだ。

リユニオンコンサートではNewellとDavies(Robert Plantのような歌いっぷり)がほぼ半分ずつヴォーカルを担当。彼のライヴでは最もキーボード色の強い分厚いバンドサウンドで、ヴォーカルも負けじと力強いのに驚かされる。 Gyppとしての演奏なのでNewellの新曲ではないが、初めて聴く曲ばかりで楽しかった。
[PR]

by drift_glass | 2005-11-30 01:04 | 聴く  

<< 眼の壁 たたり >>