Mean & Moody

・Mean & Moody / Chris Spedding / CD (SEECD372)

For What We Are About To Hear
Backwood Progression
The Only Lick I Know
Listen While I Sing My Song
Saw You Yesterday
The Hill
Don't Leave Me
White Lady
She's My Friend
London Town
The Dark End Of The Street
Please Mrs Henery
Never Carry More Than You Can Eat
Words Don't Come
Backwood Theme

1,2,6,9,12,13,14,15 "Backwood Progression"
3,4,5,7,8,10,11 "The Only Lick I Know"

1971年、1972年に出た2枚のソロアルバムをカップリング。 'Don't Leave Me'の可憐な女性コーラスに聞き覚えあり、とクレジットをみると"The Only Lick I Know"の全曲に参加しているリンダ・ルイスだった。
クリス・スペディングのヴォーカルを初めて聴いたが、(ちっともうまくないんだけど)'The Hill'なんか味があっていいのだ。この人はかつてブライアン・フェリーの来日公演で、てかるリーゼントに革ジャンといういでたちで黙々とギターを弾く姿がフェリーより目立っていたのが強烈に印象に残っていながら、実は単独で出したアルバムを聴くのはこれが初めて。音色があたたかい。

いやぁ、くつろげるわ、曲いいわ。
[PR]

by drift_glass | 2007-04-07 07:59 | 聴く  

<< 殺意のシステム 雨にうたれて >>