Shriekback "Glory Bumps"

f0134076_912641.jpgShriekback "Glory Bumps" CD (MD623)

1. Hooray for Everything
2. The Bride Stripped Bare
3. Burying the Bunny
4. Bittersweet
5. Amaryllis in the Sprawl
6. Mahalia
7. Glory Bumps
8. Squanderer
9. Devil's Onions
10. Yarg 7

all songs written by Barry Andrews 
produceed and engineered by Barry Andrews & Stuart Rowe

musicians:
Douglas Alexander : additional bass
Finn Andrews : backing vox on 'Glory Bumps'
Martyn Barker : drums and hang
Mark Gowland : harmonica
monstrance : loops
Andy Partridge : guitars
Wendy Partridge : additional vocals
Charlie Rowe : additional drums
Stuart Rowe : guitars
Catherine Shrubshell : saxes and clarinets
Ben Smith : trombone
Finn Wilkinson & Mia O'Sullivan : kid choir on 'Hooray for Everything'

f0134076_1448690.jpgMalicious Damage Recordsからリリースされた2枚目、Shriekbackとしては11枚目のアルバム。80年代のShriekbackの音楽からの変貌ぶりに驚いたが、それを言ったらXTCだって相当方向性が変わったし。
オープニングのにぎにぎしさから、鎮静効果のあるクロージングまで好きだな。
Barry Andrewsによれば3,7が"Monstrance"リミックスから生まれた曲とのこと。
アルバムタイトル'Glory Bumps' (鳥肌 goose bumpsのもじり)は、キリスト教原理主義(者)に対するShriekbackなりの回答か。アートワークも黒地にゴールドの突起つきという念の入りよう。

5. Barry Andrewsの思い出―あるクリスマス、ブリストル空港周辺の無秩序に開発された一帯を酔っ払いながら一晩中うろついていた―より。ヴィクトリア朝のスウィンドンの自然派作家Richard Jeffries (1848-1887)の遺作 'Amaryllis at the Fair' のヒロイン名がAmaryllisというそうだ。

10. インストゥルメンタル。Yargはイラクサで覆ったスイスチーズの一種で、Martyn Barkerがスイス製創作楽器Hang(ハン)を叩き、4分の7拍子であることから。
[PR]

by drift_glass | 2007-06-03 10:43 | 聴く  

<< Flying Dutchman 古書会館倉庫市にて >>