Shriekback "Cormorant"

f0134076_14594670.jpgShriekback "Cormorant" CD (2005)
malicious Damage Records(MD605)

1. Ronny
2. Sea Theory
3. Waterbaby
4. Huytfi Dbl Plus
5. The Strongest Wind That Blows
6. Load The Boat
7. Troublemeat
8. Reason With The Beast
9. Bonehead
10. Voiled Karletus
11. True Passage
12. Il Mystera Del Tempo

all songs written by Barry Andrews
except 1 & 2 with Martyn Barker and 12 with Carlo Asciutti.

Barry Andrews率いるShriekbackが2005年に発表した10枚目のアルバムで、父 Bill Andrews (1923-2004)に捧げられている。cormonantとは水鳥の鵜(ウ)のことで、ジャケットは海面すれすれを飛ぶ鵜の遠景写真。アルバム全体の音像は、だいたいアートワークのとおり。

XTCのAndy Partrdigeが潮騒とカモメの鳴き声から始まる2と7,8にギターで参加している。
7でのエッジの効いたギターは特に嬉しい。

4.のHuytfiはBarryの造語?

12.イタリア語で「時の神秘」、ヴォーカルはゲストミュージシャンのCarlo Asciutti。
[PR]

by drift_glass | 2007-06-16 15:31 | 聴く  

<< 嬉しさも中くらいなり Alice, Sweet A... >>