Miku Sings Yutaka

f0134076_9104.jpg
Miku Sings Yutaka

1. いくつの川を越えれば
2. Start again
3. 支える女
4. Let me sing !
5. 人形つかい
6. 普通じゃないよ
7. Bye bye bye
8. Blue for you
9. ユメタビウタ

f0134076_913485.jpg
Miku Hatsune : Voices
Yutaka Masuda: Composer, player, arranger and engineer
recorded at Studio Wholeworld

sleeve design by buchiko

エーハブ船長さんがvocaloid初音ミクとコラボしたアルバム(CD-R)が届いた。歌ものはmp3の時にダウンロードして時々聴いていたのだが、今回きちんとリマスターヴァージョンでミクの声を生かしたラブソング「Blue for You」「Bye bye bye」やダメなカレシを「支える女」(ユニコーンの「ペケペケ」のような愛を感じます)、落ち込んだ心に寄り添う応援歌「ユメタビウタ」などを高音質で聴かせていただいた。ボーナスディスクには完成版とは違った手触りの「人形つかい」デモヴァージョンも収録されている。

9曲の中心に据えられた「人形つかい」、不気味なベースと悲鳴のようなミクのヴォイス、中近東ふうの(蛇使いの縦笛からヴァイオリンのように変化する)音色が絡み合い異様な緊張感をかもし出している。ぞくぞくするほどエキゾチックでエロティック。このタイトルはハインラインの?もともとご自分のバンドに書いた曲で、デモ当時のタイトルは手塚治虫『海のトリトン』に出てくる大海亀「ガノモス」だったそうだ。

f0134076_22385066.jpg

「ユメタビウタ」ではエレキとアコースティックギターが調和し、
新しい音楽が生まれたら 喜びを分かち合おう
このメッセージがとても好き。創る楽しみ、分かち合う喜び。

レコーディングはStudio Wholeworld 、船長さん敬愛のKevin Ayersにちなんだ命名ですね。

*右画像はオリジナルスリーヴ。
buchikoさんがアルバムのイメージからインスパイアされ新たに描きおろしたスリーヴデザインに差し替えました。
[PR]

by drift_glass | 2008-07-22 23:12 | 聴く  

<< エドガー・パングボーン「良き隣人」 “The killer ins... >>