Dave Paskett

f0134076_1342343.jpgDave (David) Paskett (1944-)
Hornsey College of Artで美術を専攻。
1972年12月のStackridgeのツアーに同行していたブリストルのバンドPigsty Hill Light Orchestra(ジャズ・フォーク・コミックが融合した演奏スタイルから The Temperance SevenやBonzo Dog Doo Dah Bandと同系のバンドとして認知されているようだ)には短期間在籍していたらしい。
1976年に『I Still Dream about Your Smile』(THINK1)、1979年に『Pasketry』(THINK2)の2枚のアルバムを発表。インディーのThink Recordsから発表されたアルバムはいずれもCD化されていないが、私はこの2枚のレコードを今でも大事に大事に聴いている。

1986-1990年まで香港と中国に滞在し、ここでの見聞が彼をおおいに刺激したという。帰国後ロンドン科学博物館、オックスフォードのPitt Rivers美術館招聘画家を経て2007年からは王立水彩画家協会の副会長を務めている。
Radio and the Artist - David Paskett

非礼もかえりみずPaskettさんに直接近況を訊いてみた。現在は創作のほとんどを絵を描くことにあて、趣味でギリシャのブルース音楽(Rebetika)のバンドでブズーキとギターを弾き、東欧由来のユダヤ人音楽クレズマー(Klezmer)のミュージシャンたちとも時々セッションしているそうだ。Paskett名義の新作は望めそうにないけれど、今も演奏を楽しんでいると知ってやはり嬉しい。

f0134076_9324238.jpg・I Still Dream About Your Smile (1976) LP (THINK 1)

1.Telephone Blues
2.Fairies At The Bottom Of Her Garden
3.I Could Not Take My Eyes Off Her
4.Oh Dear! What Can The Chatter Be?
5.Ditty
6.I Still Dream About Your Smile

1.The Truckdriver And The Highwoman
2.Business Executive
3.Evening Class Rose
4.Just My Way
5.Trotty Feet The Pig
6.Constable Love
Dave Paskett - vocal, guitar and slight percussion
Chris Newman - e-guitar, bass, mandolin and rhythm box
Mike Evans - violins
Andy Hammond - bongos
Min Newman - harmony vocals
緻密で凝りに凝ったアートワークは画家であるPaskett本人によるもの。
“his most popular, original songs”による自主制作盤。
「Trotty Feet The Pig」「Constable Love」はBristol Arts Centre Folk Clubでの、客席からの笑い声も一緒に聴けるなごやかなライヴ録音。

f0134076_9395729.jpg ・Pasketry (1979) LP (THINK 2)

1.Johnny Went To London
2.The Wicked Grocer
3.Hummin' To Myself (Magidson, Seigel, Fain)
4.The Butcher And His Wife
5.Don't You Be Foolish Pray (trad.)
6.I Could Have Felt More

1.Trim Rigged Doxy (trad.)
2.Falling in Love Again (Connelly, Hollander)
3.Come Back
4.The Wages of Skin
5.The Washing Line
6.What'll I Do (Berlin)
7.I Loved A Lass (trad.)
"Dave Paskett with Dave Griffiths and The Shortwaveband"
Dave Paskett - vocals & guitar on all tracks, high hat and fork
Dave Griffiths - bass, mandolin, vocals, fiddle on Wages of Skin
Phil Harrison - harmonium, electric bass, bells
Stuart Gordon - fiddles
Glen Tomey - chorus harmony on 1

Phil Harrison & Stuart GordonのユニットThe ShortwavebandはSIDE-1(6)と SIDE-2(4,5,6,7)で参加。
1978年9月から1979年4月にかけてDavid Lordの所有するCrescent Studiosでレコーディング。
「Falling in Love Again」は映画『嘆きの天使』(1930)の中でマレーネ・ディートリッヒがけだるく歌っていたが、こちらは日の当たる窓辺で軽く一杯やりながらという感じ。そういう曲もいいけれど、Dave Paskettのビブラートのかかった歌声は、Pentangleも『Sweet Child』でカヴァーしているトラッド「I Loved A Lass」のように哀愁をおびた曲で聴くとさらにしみじみとした味わいがある。
「Johnny Went To London」はBBCのTVドキュメンタリー用に書かれた曲とのことだが、ロンドンの寒空の下寝る場所もないJohnny、それからどうなったんだろう。
[PR]

by drift_glass | 2008-08-01 09:35 | 聴く  

<< 竹沢タカ子 「潮風の子どもさ」 Manfred Mann... >>