カテゴリ:XTC( 8 )

 

Monstrance

Monstrance - Monstrance / 2CD
(APE CD 017)
f0134076_23243353.jpg
Andy Partridge
Barry Andrews
Martyn Barker

青はAPE HOUSEで通常版とのセットでのみ購入可能な限定版

disc one
1.i lovely cosmonaut
2.winterwerk
3.black swan black
4.mig
5.oodoo
6.ur tannoy
7.little field

disc two
1.pagoda tailfin
2.chaingang
3.torturetainment
4.the floating world
5.priapple
"to go in a room and just play! Have nothing worked out and no theme to aim for; let's just see what happens,"
 by Martyn Barker
XTCのAndy Partridge、ex-XTCで現ShriekbackのBarry Andrews、同じくShriekbackのドラマーMartyn Barkerによる即興音楽プロジェクト。
"monstrance"とはカトリックの聖体顕示台のことだそうだが、この即興音楽を聴いていると、言葉本来の正確な意味より
monster + trance
のニュアンスでいいんじゃないかと思うのだ。ガムランっぽいパーカッションの"Pagoda Tailfin"や、"Torturetainment (torture + entertainment?)" など、タイトルのつけかたも、なんとまあ、感覚的で悪くない。

あっ、Van der Graaf Generator "Present" のディスク2も即興演奏だったっけ。
[PR]

by drift_glass | 2007-11-17 21:03 | XTC  

Wonderland - XTC Discography

・藤本成昌『Wonderland - XTC Discography』

1991年に藤本さんが自費出版した頃は"Oranges & Lemons"が最新作だったので、1997年までの補遺が3部。現在編纂中の改訂版にはそれ以降現在までのリリースタイトルが加わり、さらにレコーディング以外はほぼ休みなく組まれたツアースケジュールや各国での広告など入手できるものはすべて掲載する予定という。伝聞による情報を集めるのも好きだし、(電話帳はさすがに読む気がしないけれど)こういう正確な資料集を読むのはもっと好きだ。
[PR]

by drift_glass | 2007-04-07 09:24 | XTC  

The Wish List

・The Wish List / various artists / CD

Open A Can (Of Human Beans) - The Dukes Of Stratosphear
She's Alright - Phil Thornalley
The World Goes Round - The Shadow Kabinet
It's Not Too Late (live) - Justin Hayward
Suburban Symphony - Stephen Duffy & The Lilac Time
It's Alright (live) - The Shadow Kabinet
The Sun Over The Yard-Arm - Martin Newell
The Evening Shadows - Steve Hogarth & And The H-Band
Let's Travel Light (live) - Peter Blegvad
Pandra's Signature - Harold Budd

なんといってもThe Dukes of Stratosphearが再びペイズリーのシャツに袖を通し、オリジナルメンバーでの再結成を果たしたこと。 'Open A Can (Of Human BeingBeans)'はSir John JohnsことAndy Partridge作・ヴォーカルの新曲。

Dukesでエレクトリックシタール、メロトロン、エレピを弾き、H-Bandでギターを弾き、Shadow Kabinet (エグゼクティヴ・プロデューサーSteve Somerset自身のバンド)の曲をアレンジとDave Gregoryも大活躍だし、声に渋みを増したStephen Duffyもいいし、Peter Blegvadによる"Hangman's Hill"収録曲のライヴなど、全体で40分そこそこなのがちょっと短めだが内容は濃かった。
[PR]

by drift_glass | 2007-04-07 08:29 | XTC  

Colin Moulding のデモ

f0134076_1256375.jpg
・The Beautiful People
・Cheap Perfume(Dave加入後のデモが"Demos8"収録)
・I Feel Blue (The Colonel"I Need Protection"原曲)
・Someone's Been in My Room
・If I Had My Way
・I Overheard
・Car Out of Control
・Mates

F本さんによるとColin Mouldingにはまだこれだけの未発表曲(デモ)があるそうだ。5曲はColinと地元の友人による即席バンド+Barry Andrewsがサックスで参加した(BarryがXTCとして最後に演奏した数日後の)セッション。

Andy Partridgeデモ音源集Fuzzy Warblesに彼の音源も一緒に入れて欲しいと希望するファンは多いと思うけれど、当のColinは同じ音楽の作り手として、ApeレーベルのFuzzy Warbles「の一部」として扱われることをよしとしなかったのかもね。
[PR]

by drift_glass | 2006-12-03 21:30 | XTC  

Fuzzy Warbles Series Collectors Album


f0134076_14574259.jpgFuzzy Warbles Series Collectors Album (Andy Partridge)がAPEから届いた。
1~6は手持ちがあるので7・8とアルバムのセット。型番APEBOX001 、こんなのが002、003と続いたら財政破綻してしまう。

ボーナスCD "Hinges"
1.Gold
2.Now We All Dead (It Doesn't Matter)
3.Rain Of Blows (early version)
4.Reign Of Blows
5.Jump
6.Shake You Donkey Up
7.Happy Families
8.Here Comes President Kill Again
9.Beating Hearts
[PR]

by drift_glass | 2006-09-27 22:30 | XTC  

The Ultimate Fuzzy Warbles

The Ultimate Fuzzy Warble

Andy Partridge(XTC)のデモ音源集"Fuzzy Warbles"は "What you got back home, little sisters, to play your fuzzy warbles on?" というアレックスの台詞から取ったものだ。

9月発売予定のFuzzy Warbles7,8も含めた、御大による「宅録あれこれ」ブックレットつきデモ音源集152曲8枚組+9曲入りボーナスCDつきボックスセット。またボートラCDつきボックスセットだよ。どこかで批判されているような、儲け主義で出しているのではないのだとは思うのだよ。こういうパッケージものを企画するのが好きで好きでたまらんだけなのだろうなぁ。悪いことに、バカバカしいとは思いながら私もこういうオマケつきが好きなのだな。しかしこのボックスセットを入手すると、今まで聴いていた1~6が重複してしまうのだな。

オフィシャルのフィギュアは売れたんだろうか?
[PR]

by drift_glass | 2006-08-17 22:30 | XTC  

Do what you will but harm none

今頃何を、の話だがXTCのアルバム "Apple Venus Vol.1"に小さく記された "Do what you will but harm none"には何か出典がありそうな気がしてきのうからずっと気になっていた。 Andy Partridge自身がラジオなどでしばしば発言してきた宗教観やアルバム所収曲の内容から考えて、この文で検索するとわらわら出てくるウィッカ(Wicca ケルトに根ざした多神教・女神信仰を含めた自然宗教)の教え「他者を傷つけぬ限り、汝が意志することを行え」がもとになったのではないかなぁと思えてきた。

Vol.1の"Easter Theatre""Greenman"、またVol.2のタイトル"Wasp Star"も古代アステカの女神だし、"Church Of Women""The Wheel And The Maypole" などを聴けばそう的外れな推測でもなさそうだ。神道も仏教も疎いのに欧州のキリスト教以前の信仰などヨソの恒星系の出来事ほどにも縁がない分野なので、調べるだけでへとへとだ。それでもウィッカの「魔女(Wiccan)」が俗にいうオカルトの魔女とは少し違うものだという程度はわかっただけもう獣、いや儲けもの。

ヴァージンから独立後晴れて発表したアルバムだけに当時この意志表明は頼もしく思われたのだが、あれからすでに(以下自粛)。
[PR]

by drift_glass | 2006-06-25 21:30 | XTC  

The Adventure Club Sessions / V.A.

・The Adventure Club Sessions / V.A. / CD (ACS001)

Ocean Colour Scene - Alibis
Frank Black - Old Black Dawning
Jellyfish - The King Is Half Undressed
Catherine Wheel - Don't Want To Know If You Are Lonely
James - Lose Control
Cranberries - Linger
House Of Love - Crush Me
Blur - Miss America
His Name Is Alive - Baby Fish Mouth
Frazier Chorus - Cloud Eight
Lilac Time - Too Sooner Late Than Better
Trash Can Sinatras - The Safecracker
James - Maria's Party
Frank Black - Czar
XTC - Blue Beret
Lemonheads - It's About Time
Lilac Time - Raspberry Beret/Kiss Me
Suede - My Insatiable One
Posies - Will I Ever Ease Your Mind

ダラスのFM局THE EDGEの音楽番組The Adventure Club
1993年リリースの限定4000枚チャリティCD。

XTC "Oranges & Lemons"時代のUSプロモーションツアーで演奏した未発表曲 "Blue Beret"(曲そのものは"Fuzzy Warbles vol.4"に収録)はじめ、他のアーティストの珍しいアコースティックライヴも楽しい。ほとんどがTHE EDGEのスタジオで録音されたとのこと、アルバムクレジット"thanks to" にFrank Black, Andy Partridgeの名前あり。
適度なざわざわ感のあるスタジオライヴ盤はなごむなぁ。
[PR]

by drift_glass | 2006-02-23 10:56 | XTC