カテゴリ:聴く観る感じる( 7 )

 

Peter Hammill / live at RAG / 27th May 2009

f0134076_8484392.jpg
    京都 ライブスポットRAG 19:30~

    piano
  1. Don't Tell Me
  2. The Unconscious Life
  3. This Side of the Looking-Glass
  4. Meanwhile My Mother
  5. Gone Ahead
  6. Bubble

    guitar
  7. Comfortable
  8. Driven
  9. If I Could
  10. Stumbled
  11. Last Frame

    piano
  12. Unrehearsed
  13. Curtains
  14. Undone
  15. A Better Time
  16. Stranger Still

    encore (guitar)
  17. Ophelia

これまで二つとして同じセットリストはないというピーター・ハミルのライヴだが、Meanwhile My Mother - Gone Ahead - Bubble と Unrehearsed - Curtains の流れは直前に決めたとは思えないほど自然なもの。

新作『Thin Air』から演奏されたのは2曲。
呪術的なトリルが耳から離れがたい「Stumbled」、こちらが「警告」なら「Undone」は「人生の先輩より」か。しかも「Undone」から続けて「A Better Time」という絶妙の選曲。この人が一瞬一瞬を大切に、過去より未来より「今」を大切に生きていることが伝わる曲だ。

「Stranger Still」のエンディングがいつもと違う!
ピアノの手を止め、最後はマイクも通さず、囁きに変わるまで繰り返す
a stranger, a worldly man
きっと会場の皆が息をつめ身を乗り出していたことだろう。

アンコール曲はギターで「Ophelia」
もしかしたら三条か四条大橋、もしかしたら納涼床から鴨川の流れを見たかな、
京都らしい選曲かもしれない。
down the river Ophelia goes...

ファンの声援に応えるとき、また「アリガトウ」と言うとき、彼は合掌する。きわめて東洋的な感謝のジェスチャーだが、細身のピーターが柔和な笑みをたたえて両手を合わせる姿は、まるで何かの仏像のようだった。

こちらこそ、今年もありがとう。
全霊でうたう姿を見せて、聴かせてくれてありがとう。
[PR]

by drift_glass | 2009-05-31 08:59 | 聴く観る感じる  

The Damned / live at Zepp Nagoya / 4th April 2009

    名古屋 ZEPP Nagoya 16:50~
  1. Love Song
  2. Second Time Around
  3. Disco Man
  4. Neat Neat Neat
  5. Alone Again Or...
  6. Melody Lee
  7. Jet Boy, Jet Girl
  8. Looking at You
  9. Blackout
  10. Antipope
  11. New Rose (w/Rise Against)
  12. Smash It Up

PUNKSPRINGというパンクの祭典に出演のダムドを、当日券で見る。
2005年の単独公演以来4年ぶりか?
見よ、このセットリスト。
新譜や前作からの曲はDave Vanian参加の「次の」来日公演のお楽しみとして、
キャプテンが数日間で一所懸命歌詞を練習した曲の数々。

ギター担いで肩越しに弾いてみたり、Antipopeでは大げさに神様を振り仰ぐジェスチャーしてみたり、目も楽しめ、きらびやかなギターで耳も楽しめ、
リードヴォーカルとるキャプテンを数メートル先に見られるとは感無量。

赤いベレー黒いベストのベストドレッサーはRod Stewart 「I'm Sexy」のサビを口ずさんだり、どこで覚えたのか
「♪タ~ラコ~、タ~ラコ~、オイシー!」
いやベジタリアンが食べちゃいけないって。
「○○(失念したがベッカムだったかも) is a wanker !」と毒づいていたかと思うと急にあらたまった口調で
「ワタシハ、キャプテンデス」
「ディヴガコナクテゴメンナサイ」と。
「ディヴガコメクテゴメサナイ」みたいにも聞こえたが。

ピンチが意外な美声を披露した「Disco Man」も、
モンティがキーボードの前でぴょんぴょん飛び跳ねたりする姿も、
相変わらず楽しくて元気なステージだった。

「New Rose」の前に「ゲストがいるよ」と言うからSpooky登場かと思ったら、先ほどのRise Againstのギタリストが出てきてキャプテンとハグハグ。
ベースのスチュアート同様スキンヘッドなので、一緒にステージにいても違和感ないわ~
(ギター聴こえなかったけど)。

しめくくりはもちろん、キャプテン自身の「Smash It Up」。
イントロが始まると「あ、これラストだ」とわかって寂しい。
また来てね、絶対ヴァニアン連れて来てね。
[PR]

by drift_glass | 2009-04-05 20:30 | 聴く観る感じる  

Van der Graaf Generator 初来日公演

f0134076_0124542.jpg2008年6月28日(渋谷O-West)

3人とも黒ずくめ、Peter Hammillの黒のスタンドカラーが銀髪に映えて似合うなぁ。
立ち見。手足を駆使してキーボードとベースペダルを操るHugh Bantonの斜め後ろの壁際でステージを見る。
「Interference Patterns」は家でも何回も聴いているが、"bring it home!"の部分で文字通り干渉してくるGuy Evansの重いドラムズはステージのこの音響で、彼の相貌を見ながらライヴで聴くに限る。
「Black Room」ではひたすら圧倒され続けた。
3人はよくアイコンタクトをとりあっているが、「All That Before」ではギターを構えたPHがつつつと二人の方へにじり寄る。そこで引き締めた口の端がクッと上がり、EvansとBantonに向かって演奏が嬉しくて(楽しくて)仕方がないという表情をした。
ああこの人たちThe Power Trioはこれからもずっと現役だ。

アンコール曲は、ステージ中央に静かに立ったかと思うと"Citadel..." 「Still Life」だ!この歌い出しで涙腺緩みっぱなしの人も多かったんじゃなかろうか。
歌い終え、一瞬の間をおき客席に投げキスを送るPHはやはりお茶目な人だった。

ところでPHはギターのチューニングする時に何気なく弾いているんだろうけど、チャッチャッチャッチャ……そのまま「Modern」のイントロなので「演るのか!」と早とちりしてしてしまったじゃないか。

2008年6月29日(渋谷O-West)

混沌とした「Lemmings」にしょっぱなから度肝を抜かれ、「Nutter Alert」幕開けのすさまじい咆哮に驚き、「La Rossa」のイントロでどよめく人々を感じ、 "One more world lost, one more heaven gained"をリアルで聴き、そして、音楽とか魂とか存在そのものとか、言葉で言い表せないものが人々の姿をしているのを生まれて初めて見た。
「Gog」で仁王立ちになり、一点を凝視して歌うPHの姿。
たかだか100年くらいの人の身体に閉じ込められたエネルギーがこれほどのものとは。
それを見るためなら、この先何度でも彼らの「LIVE」に通おう。
これ以上言葉にならない。

f0134076_23354936.jpg 2008年6月30日(原宿アストロホール)

ライヴの空気感と音響、バンドのアンサンブル、上から横から時に逆光に変化する照明など、レコードやCDやFabchannelの小さな画面では絶対に体験できない。
初日に演奏した「Scorched Earth」を聴きたいと思っていたら、「(In the) Black Room」のテンション保ったまま一気に続けて演ってしまうとはなんというバンドだろう。
3日間聴いておなじみの、新作『Trisector』からの「Lifetime」はこの日本公演で大好きになった曲で、GEのイントロですぐわかるようになったのに歌詞をちゃんと覚えてこなかったのが悔しい。

「Childlike Faith in the Childhood's End」は、アーサー・C・クラーク『幼年期の終り』にインスパイアされた曲だという。創元版『地球幼年期の終わり』と早川版『幼年期の終り』の2冊を並べ、「どちらの表紙が好きですか」とPHに訊いてみた。ためらいもせず指差したのは早川の表紙だった(画像参照)。よし、そちらで読もう。

メイン・エンジニアEdがFlickrに載せた44枚の日本滞在中の写真の1枚にこう記されている。
Office Ohsawaの大沢さんによせて。
The best promoter I ever worked with.
もう3週間もたつというのに、心の一部がまだ会場に佇んでいるような奇妙な感覚。
感覚そのものは無理としても、少しでも言葉で残しておきたい。YouTubeにあがっている2007年、2008年のトリオ編成でのライヴ映像が先日体験したものに近いのだが、モニターの中で小さくまとまっているのと実際に客席で体験した生の演奏との間には何をもってしても埋められない溝があり、無理をしてでも行ってよかった。
[PR]

by drift_glass | 2008-07-20 23:54 | 聴く観る感じる  

Peter Hammill 11 Nov. 2007 Tokyo

f0134076_12184518.jpgDon't Tell Me
Just Good Friends
This Side of Looking-Glass
Confidence
Friday Afternoon
After the Show
The Mousetrap
Here Comes the Talkies
The Lie
Meanwhile My Mother
Tenderness
Faculty X
In the End
A Way Out
Traintime
Refugees (encore)

生きている。
たとえどれほど記録技術が進化しようとも、この生の迫力を超えることはできないと思い知る。
この人自身のステージ (live)を五感で体験することが一番と思い知る。
歌詞は印刷されたカードでなく、音楽は譜面でなく、彼自身の現在だ。
voices projected, spears in mid-flight
frozen forever.... oh let there be light!

ライヴのしめくくりをこの曲で。
最高の"Traintime"だった。

光あれ。

*終演後、自分の席付近より主の去ったグランドピアノを撮影。
[PR]

by drift_glass | 2007-11-18 12:18 | 聴く観る感じる  

Peter Hammill 10 Nov. 2007 Tokyo

My Room
Too Many of My Yesterdays
Time to Burn
Empire of Delight
Labour of Love
Silver
Bubble
Your Tall Ship
Gone Ahead
(In the) Black Room
Autumn
Sleep Now
Meanwhile My Mother
Shell
A Better Time
Stranger Still
The Birds (encore)

前売チケットは完売。立ち見もびっしり並ぶなか、静まりかえった会場に懐かしい歌声が。
Searching for diamonds in the sulphur mine ...

"Your Tall Ship"では波さかまく大海原。アルバムタイトルにもなった「吠える40度線」。
Roaring Fourties, Furious Fifties, そして、Shrieking Sixties.
叫ぶ60代。帆船の舳先に立ち、遠ざかる過去も目の前に広がる未来もすべて視界におさめ、かけがえのない「今」を歌うPeter Hammillの姿。

歌を聴いているうち、ボルヘスを読みたくなる。エッシャーの絵を見たくなる。

ああ、いつのまにか曲目は"A Better Time"になっていたんだ。
演奏曲の最後に"Stranger Still" 、ステージ上の彼の旅はまだ続く。枯れていない。目的地はかなり先のようだ。
まったく頼もしいかぎりである。
[PR]

by drift_glass | 2007-11-18 09:42 | 聴く観る感じる  

まろやかな音楽空間

Paullina Lercheの来日公演、予想どおり(予想をはるかにうわまわり)とてもすばらしいものだったそうだ。
Pauliina Lerche Live in Tokyo

自分の一昨年の愛・地球博でのライヴ(当時の日記より):
Pauliina Lercheはベリーショートの黒髪に真っ白な肌のきゃしゃな女性だった。演奏はソロで、フィンランドの伝統楽器カンテレまたはアコーディオンを弾きながら歌うのだが、集まった人たちの間からも自然に手拍子があがったように、身体で参加したくなる音楽だった。彼女のCDを購入し、サインしてもらう。おまけにカンテレにも触らせてもらった。全面をペイントしてあり一見プラスティックのようだが木製で、日本の琴より弦の数が多い。裏側には小さなマイクがついているだけ、いたってシンプルな構造で琴とハープの中間のようなシャララランという音色が涼しげだ。
二部構成で5曲ずつ?曲の前後に簡単な紹介を英語でしてくれる。聴いている間は音楽に入り込んでしまい何曲やったか全然数えていなかった。

[PR]

by drift_glass | 2007-03-12 07:52 | 聴く観る感じる  

The Damned / 名古屋クラブクアトロ

f0134076_1985960.jpg
David Vanian - Vocal
Captain Sensible - Guitar, Vocal
Stuart West - Bass
Monty Oxy Moron - Keyboard, Vocal
Pinch - Drums

Love Song
Second Time Around
I Just Can't Be Happy Today
Democracy?
Alone Against Or
Wait For The Blackout
Street Of Dreams
I Fall
Would You Be So Hot
New Rose
History Of The World
Born To Kill
Absinthe
Ignite
Plan9 Channel7
Neat Neat Neat
encore
Jet Boy, Jet Girl
Curtain Call
Eloise
Smash It Up

今回も正式メンバーのゴスママPatricia Morrison(Bass)は来られず残念。伝統的な(というのが変なんだよ)パンクファッションのファンも多い会場に、(息子にSydと名づけたほどの)船長の選曲かペーズリーなイメージのBGMの取り合わせ。 Niceの「America」まで流れていた。

ダムドはほぼ固定セットリストで演奏するようで(そうでない人に慣れてしまっていたので……)、6/30大阪分が某所であがっていたおかげで助かった。名古屋は左記で合っていると思う。通勤のお供で聴いていると曲名を覚えられないのだ。

ヘッドに店名を記した赤×白パールコンビ(ストラップもお揃いの赤)のTさん作ギターに合わせ、赤ベレーに"I LOVE BEER!"の白Tシャツ、パンツは黒(余談だがセーラー服で登場した時の下は黒ビキニ)、空色ハイカットといういでたちの船長。次の曲はぁ、と紹介してすぐVanianに「違う違う」と言われセットリストを書いた紙を見直し、自分の口を指してにんまり"Now I shut my big mouth!"と。今日あがった固有名詞はGeorge Bush, Jimmy Osmond, Wishbone Ash, Johnny Rotten, あとClashも出たかな。「日本語でクソは何ていう?Johnny Rotten?」やめなさいって。

今のところ最新作の『Grave Disorder』からは3曲演奏され、ブッシュ批判のあと演奏したのはもちろん「Democracy?」。「Brian Jamesに捧げる」と演奏したのは「I Fall」。アンコール入れてほぼ1時間半、バンドのエンターティナーぶりを本当に楽しませてもらった。演奏の巧拙はわからないが、そういう目的で聴きに来たわけではないので。
[PR]

by drift_glass | 2005-07-01 23:59 | 聴く観る感じる