カテゴリ:聴く( 70 )

 

Turin Brakes "Dark on Fire"

f0134076_10245144.jpg
・Turin Brakes "Dark on Fire" (2007)
2CD (CDSOURX128)
Produced by Ethan Johns

1. Last Chance
2. Ghost
3. Something In My Eye
4. Stalker
5. Other Side
6. Dark On Fire
7. Real Life
8. For The Fire
9. Timewaster
10. Bye Pod
11. Here Comes The Moon
12. New Star

bonus disc "SOMETHING OUT OF NOTHING EP"
1. Loopa
2. Invisible Boy
3. Brave New World
4. Capsule
5. Evereadyf0134076_10335225.jpg

Turin Brakes 4枚目のアルバムは初回限定ボーナスディスク付2枚組。
アルバムタイトルの曲"Dark on Fire"でOllyのしみじみとした歌唱とヴォーカルに「ああ彼らが帰ってきたんだ」と、新譜を聴けた幸せをかみしめる。"Other Side"ではGaleのスライドギターを堪能。

オフィシャルで視聴可能な先行シングル(ダウンロードオンリー)、"Stalker"のPVはルームシェアをしている女性二人を中心に、タイトルそのままのサイコスリラー仕立てで、歌詞に同調する氷のようなメロトロンが効いている。

音楽面でも映像面でも自分たちの好みを貫く姿勢はあいかわらずだが、BBCのHelen Groomによる新譜評は手厳しく、オーガニックなアルバムを期待していたらしく"Real Life"が特にお気に召さないようで「スキップボタンを押すもお好きにどうぞ」とまで酷評。私もこのデュオのシンプルなファーストアルバムが好きで評者に共感する部分もないわけではないが、ライヴが好きで、SSWのシンプルな音楽とともにハードロックやギターバンドも聴いてきた彼らが気の合うミュージシャンとこういう曲をステージで演奏したい、という気持ちはしごく当たり前のことだと思うし第三者が止めてどうなるものでもなく、苦手な人は去っていく、それだけのことだ。批評なんかへでもないわ(断言)

初回盤にのみ付属のボーナスディスクの5曲、彼らはアルバムの選からはずしたほうに佳曲が潜んでいるので侮れない。正直なところあの曲をはずしてこの曲をアルバムに収録したほうが……という感想は小さな声で。
大盛り上がりの"Loopa"のライヴヴァージョンを聴きたい。常に前向きなデュオなので本当に来日してくれないかな……
[PR]

by drift_glass | 2007-09-29 11:19 | 聴く  

"Mother Fist and Her Five Daughters"

f0134076_13154953.jpg・Marc Almond "Mother Fist and Her Five Daughters"
CD (SBZ031CD)

1. Mother Fist
2. There Is a Bed
3. Saint Judy
4. The Room Below
5. Angel in Her Kiss
6. The Hustler
7. Melancholy Rose
8. Mr. Sad
9. The Sea Says
10. Champ
11. Ruby Red
12. The River
video - Melancholy Rose
video - Ruby Red

手元のCDはこのジャケットだが再発盤はデザインを少し変えたようだ。
[PR]

by drift_glass | 2007-09-15 13:20 | 聴く  

Marc & The Mambas "Torment and Toreros"

f0134076_13285159.jpg・Marc & The Mambas "Torment and Toreros"
CD (UICY 3382/3)

disc 1:
1. Intro
2. Boss Cat
3. Bulls (Jacques Brel)
4. Catch A Fallen Star
5. Animal In You
6. In My Room (Paul Vance, Joaquin Prieto)
7. First Time
8. Lesion
9. My Former Self
10. Once Was
*11. Fun City
*12. Sleaze (Take It, Shake It)
*13. Sleaze (Taking It, Shaking It)

disc 2:
1. The Untouchable One / Blood wedding (traditional)
2. Black Heart
3. Medley: Narcissus/ Gloomy Sunday (Sam M. Lewis )/ Vision (Peter Hammill)
4. Torment
5. Million Manias
6. My Little Books Of Sorrows
7. Beat Out That Rhythm On A Drum (Georges Bizet, Oscar Hammerstein II)
*8. Your Aura
*9. Mamba
*10. First Time
*11. You'll Never See Me On A Sunday

*bonus track
A million manias everyday to keep my sanity at bay
A million manias to make me suffer
A million manias weigh me down
Neurosis forcing me to drown

ただいまの最愛聴盤。
[PR]

by drift_glass | 2007-09-15 12:48 | 聴く  

Marc & The Mambas "Untitled + 1"

f0134076_918496.jpg・Marc & The Mambas "Untitled +1"
CD (UICY-3381)

*画像はSOME BIZZAREから1997年に出たもの(SBZ027CD)で、"Sleaze"のビデオ収録。

Marc & The MambasはMarc Almondのサイドプロジェクトだが、1982年の"Untitled"と1983年の"Torment & Toreros"の2枚しかアルバムを出さずに活動を停止したのが惜しまれる上質の音楽だった。
このアルバムがようやく日本盤で紹介されたのは22年後の2004年。Soft Cellにはそれほど気持ちが動かなかったけれど、Mambas名義のダークなアルバムが気に入りすぎて、とうとう他のソロアルバムを拾い始める今日この頃。1枚500円くらいで見つかるんだもの。

アートワークはVal Denham

1. Untitled (4:54) - Marc Almond , Matt Johnson
2. Empty Eyes (5:03) - Annie Hogan , Marc Almond
3. Angels (8:34) - Marc Almond , Matt Johnson
4. Big Louise (5:05) - Scott Engel
5. Caroline Says (3:39) - Lou Reed
6. Margaret (3:45) - Annie Hogan
7. If You Go Away (6:28) - Jacques Brel
8. Terrapin (4:18) - Syd Barrett
9. Twilights & Lowlifes (11:29) - Marc And The Mambas
10. Twilights & Lowlifes (Street Walking Soundtrack) (11:08) - Marc And The Mambas
11. Discipline (bonus track) - Throbbing Gristle
[PR]

by drift_glass | 2007-09-06 23:30 | 聴く  

Tom Verlaine "Kaleidescopin'"

f0134076_130525.jpgTom Verlaine "Kaleidescopin'" (1990)
CDS(VLACD6)
ジャケ買い。
7インチシングルのジャケット画像を拝借。CDシングルには左下にc.d.singleと記載されている。キモになる背のタイトルがKALEIBESCOPIN'と印刷されているのは意図的なのかミスなのか、売る気があるのかないのか……。

1. Kaleidescopin' (produced & mixed by Julian Mendelsohn)
2. Sixteen Tulips
3. Vanity Fair (produced by Tom Verlaine & Dave Bascombe)

Tom VerlaineがFONTANAから1990年に発表したアルバム "The Wonder"からのシングル。"Sixteen Tulips"と"Vanity Fair"はアルバム未収録曲のようだ。Television時代の"Marquee Moon"はレコード時代に聴いていたのだけど、ソロになってからの活動はそのころ私自身が忙しく音楽面では完全に取り残されていたため、全然知らなかった。なんだかエレクトロポップな方面に転向しているようだが、"Vanity Fair"で聴けるギターワークがやはり嬉しい……といってもVerlaine自身が弾いているのやら、浦島太郎状態ではそれもわからず。ロバート・メイプルソープの伝記にパティ・スミスが大きく関わってくるのでその関係で彼の名前もちらほら登場するのだけどね。
[PR]

by drift_glass | 2007-09-02 13:27 | 聴く  

Peter Hammill 27.10.1986 Kyoto

f0134076_12315996.jpgMy Room 8:59
Vision 4:43
Just Good Friends 5:33
Time Heals 10:02
Silver 7:03
Stranger Still 8:50
The Comet, The Course, The Tail 8:53
If I Could 5:56
Out Of My Book 5:20
Sign 8:33
Time For A Change 6:23
Skin 5:25
Patient 8:11
The Future Now 4:12
Losing Faith In Words 5:13
After The Show 10:43
Still Life 11:47
Again 3:18

今年は完全ソロで公演。
予習モードだが20年の間にどれだけのアルバム、どれだけの曲を発表しているかと思うと、どこから聴き直したらよいやら。"Singularity"はもちろんはずせないにしても。
さあ今夜は"The Comet, The Course, The Tail"まで聴いたら明日に備えて寝よう。
[PR]

by drift_glass | 2007-08-27 00:10 | 聴く  

Martin Newell "A Summer Tamarind"

f0134076_17163376.jpg・Martin Newell "A Summer Tamarind"
CD (CDBRED 323)
This album is dedicated to the memory of Syd Barrett.

1. Another Sunny Day
2. St Audrey's Fair
3. Mulberry Harbour
4. This Flamingo
5. Wow Look At That Old Man
6. Stella And Charlie Got Married
7. You Made It Rain
8. Summer Tamarind
9. Golden Afternoon
10. Cinnamon Blonde
11. Dawn Smile
All vocals and most guitars by Martin Newell.
Extra guitar by Carl Seager on tracks 1,2, and 9.
Basses by Carl Seager except tracks 3 and 6, which were Martin.
All drums by Carl and yes, it's a real kit.
Sundry electric organs and percussion by Martin.
No jazz chords were hurt in the making of this album.

お待ちかねの新譜が届いた。
Carl Seagerは、Martin Newellが1973年からヴォーカルをつとめたコルチェスターのグラムロックバンドThe Mighty Plod結成当時のギタリスト(のちPaul Hartと交代するためNewell在籍時とは重ならない)。

鍬をギターに持ち替えたサイケデリック・ガーデナーNewellの立ち姿を写したジャケット。Newellの十八番Mulberry HarbourにStella and Charlie Got Married、 おとぼけドゥーワップのWow! Look at That Old Man、 気のおけない女友達との楽しいお茶の時間が目に浮かぶA Summer Tamarind 。
短くて美しいイギリスの夏。
深い喪失感の漂うYou Made It RainはSyd Barrettへの追悼か。
一度聴いたら心を離さないNewellのヴォーカルを堪能する。

memo
helluvva=hell of a
caravanserai[kar-uh-van-suh-ree]
[PR]

by drift_glass | 2007-08-20 17:02 | 聴く  

Becki diGregorio "Seven Worthies ... of the Bamboo Grove"

f0134076_2148521.jpg・Becki diGregorio
"Seven Worthies ... of the Bamboo Grove" CD (1996)
run amuck records (rar001)

1. Desparate to Fall
2. Secrets
3. When You Get Home
4. Inside the Dream
5. Godbox
6. On the Edges Now
7. Among Us
8. One in Ten
9. Open My Eyes (Todd Rundgren)
10. The Days of Our Ascent

Dave Gregory
acoustic guitar, electric solo on 4
tortured guitar solo on 5
numerous keyboards on 8

produced by Becki diGregorio

Seven Worthies of the Bamboo Grove (またはSeven Sages of the Bamboo Grove )とは「竹林の七賢」のこと。Becki diGregorio1996年のデビューアルバム。
Dave Gregoryが3曲にギター、キーボードで参加、彼のパートのエンジニアをつとめたのはAndy Partridge。

セカンドアルバム "God's Empty Chair" では、Andy Partridgeが彼自身の未発表デモをBekciのために完成させたサイケデリックな(Dukes of Stratosphearのような) "Susan Revolving"が圧巻。
ミーハーなもので、勢いでBeckiにファンレターならぬファンメールを送ったら返事をもらった!
i've been blessed to have xtc's guitarist dave gregory play on a number of the songs, and on my first cd ("seven worthies...") andy engineered dave's parts in his "shed." andy also finished his sketch for the song "susan revolving" for us to do.

[PR]

by drift_glass | 2007-07-31 22:27 | 聴く  

Robyn Hitchcock & the Venus 3 "Sex, Food, Death... and Tarantulas"

f0134076_18561446.jpg・Robyn Hitchcock & the Venus 3
"Sex, Food, Death ... and Tarantulas" CD (CD-YEP-2150)

1. Ole! Tarantula (album version)
2. The Afterlight
3. Sally Was A Legend
4. Queen Of Eyes
5. Sometimes A Blondes
6. (A Man's Gotta Know His Limitations) Briggs
7. Give It To The Soft Boys

2-7は2006年11月25日シアトルのクロコダイル・カフェでのライヴ。
ゲストギタリストにREMのPeter Buck。
エンハンスト仕様でAdventure RocketshipのアニメとすごくサイケデリックなPV収録。嬉しい。
[PR]

by drift_glass | 2007-07-23 19:01 | 聴く  

Captain Sensible "The Power of Love"

f0134076_23185669.jpg・キャプテン・センシブル『パワー・オブ・ラヴ』CD(UICY-93258)
1982年リリースのソロ・ファーストアルバム"Women and Captains First"に続き翌年発表されたキャプテン・センシブルのセカンドアルバム。
ファースト、セカンドとも2007年6月27日に日本限定で初回限定紙ジャケ仕様CD発売。

1. I'm a Spider
2. I Love Her
3. Stop the World
4. Sir Donald's Song
5. It's Hard to Believe I'm Not
6. Thanks for the Night
7. Glad It's All Over
8. Royal Rave Up
9. Secrets
10. It Would Be So Nice
11. Power of Love
12. I Love You
13. There Are More Snakes Than Ladders (bonus track)

時に甘酸っぱく時にほろ苦いメロディ、美声とはいえないが滋味あふれるヴォーカル、「まあだまされたと思って聴いてみて」と誰かれ構わず襟首つかんで勧めたくなる名盤なのだ。
ファーストソロアルバム "Women and Captains First" に引き続きTony Mansfieldがプロデュースし、3曲(ボーナストラックを入れると4曲)で共作。ポップの申し子Robyn Hitchcockも4曲にクレジットされている。

"Glad It's All Over"は、(このスタジオヴァージョンとはかなり雰囲気が違う)ライヴアルバム"Live at the Milky Way"収録のきらびやかなギターヴァージョンのほうも個人的にはかなり好き。
[PR]

by drift_glass | 2007-07-02 23:46 | 聴く