カテゴリ:聴く( 70 )

 

Shriekback "Cormorant"

f0134076_14594670.jpgShriekback "Cormorant" CD (2005)
malicious Damage Records(MD605)

1. Ronny
2. Sea Theory
3. Waterbaby
4. Huytfi Dbl Plus
5. The Strongest Wind That Blows
6. Load The Boat
7. Troublemeat
8. Reason With The Beast
9. Bonehead
10. Voiled Karletus
11. True Passage
12. Il Mystera Del Tempo

all songs written by Barry Andrews
except 1 & 2 with Martyn Barker and 12 with Carlo Asciutti.

Barry Andrews率いるShriekbackが2005年に発表した10枚目のアルバムで、父 Bill Andrews (1923-2004)に捧げられている。cormonantとは水鳥の鵜(ウ)のことで、ジャケットは海面すれすれを飛ぶ鵜の遠景写真。アルバム全体の音像は、だいたいアートワークのとおり。

XTCのAndy Partrdigeが潮騒とカモメの鳴き声から始まる2と7,8にギターで参加している。
7でのエッジの効いたギターは特に嬉しい。

4.のHuytfiはBarryの造語?

12.イタリア語で「時の神秘」、ヴォーカルはゲストミュージシャンのCarlo Asciutti。
[PR]

by drift_glass | 2007-06-16 15:31 | 聴く  

Shriekback "Glory Bumps"

f0134076_912641.jpgShriekback "Glory Bumps" CD (MD623)

1. Hooray for Everything
2. The Bride Stripped Bare
3. Burying the Bunny
4. Bittersweet
5. Amaryllis in the Sprawl
6. Mahalia
7. Glory Bumps
8. Squanderer
9. Devil's Onions
10. Yarg 7

all songs written by Barry Andrews 
produceed and engineered by Barry Andrews & Stuart Rowe

musicians:
Douglas Alexander : additional bass
Finn Andrews : backing vox on 'Glory Bumps'
Martyn Barker : drums and hang
Mark Gowland : harmonica
monstrance : loops
Andy Partridge : guitars
Wendy Partridge : additional vocals
Charlie Rowe : additional drums
Stuart Rowe : guitars
Catherine Shrubshell : saxes and clarinets
Ben Smith : trombone
Finn Wilkinson & Mia O'Sullivan : kid choir on 'Hooray for Everything'

f0134076_1448690.jpgMalicious Damage Recordsからリリースされた2枚目、Shriekbackとしては11枚目のアルバム。80年代のShriekbackの音楽からの変貌ぶりに驚いたが、それを言ったらXTCだって相当方向性が変わったし。
オープニングのにぎにぎしさから、鎮静効果のあるクロージングまで好きだな。
Barry Andrewsによれば3,7が"Monstrance"リミックスから生まれた曲とのこと。
アルバムタイトル'Glory Bumps' (鳥肌 goose bumpsのもじり)は、キリスト教原理主義(者)に対するShriekbackなりの回答か。アートワークも黒地にゴールドの突起つきという念の入りよう。

5. Barry Andrewsの思い出―あるクリスマス、ブリストル空港周辺の無秩序に開発された一帯を酔っ払いながら一晩中うろついていた―より。ヴィクトリア朝のスウィンドンの自然派作家Richard Jeffries (1848-1887)の遺作 'Amaryllis at the Fair' のヒロイン名がAmaryllisというそうだ。

10. インストゥルメンタル。Yargはイラクサで覆ったスイスチーズの一種で、Martyn Barkerがスイス製創作楽器Hang(ハン)を叩き、4分の7拍子であることから。
[PR]

by drift_glass | 2007-06-03 10:43 | 聴く  

Shriekback "Having a Moment"

f0134076_1975644.jpgShriekback "Having a Moment" CD

1. More Heat than Light  (Barry & Finn Andrews/Marsh)
2. God's Gardians (Andrews)
3. Going Equipped (Andrews)
4. Sinus Aestuum (Andrews/Barker) ……熱の入江
5. Feverish Hands (Andrews)
6. Baby Lions (Andrews/Barker)

Barry Andrews: vocals, keyboards
Dave Allen: bass
Martyn Barker: drums
Carl Marsh: guitars

2007年4月にShriekbackのドラマーMartyn Barker、XTCのAndy Partridgeとの3人でコラボレーション即興アルバム"Monstrance"をリリースしたBarry Andrews。彼の率いるShriekback 2003年リリースのミニアルバム。The Veilsとして活動し2004年に来日もした息子Finn Andrewsもキーボードとバッキングヴォーカルで1と6に参加している。

もと通販オンリーのリリースだったが、2007年6月発売のShriekback新譜"Glory Bumps"をMalicious Damage Recordsで注文すれば先着100枚におまけとしてついてくる。
[PR]

by drift_glass | 2007-06-01 20:30 | 聴く  

Elliott Smith "New Moon"

f0134076_12515293.jpgElliott Smith "New Moon" 2CD (KRS455)

Disc One
1 Angel In The Snow
2 Talking To Mary
3 High Times
4 New Monkey
5 Looking Over My Shoulder
6 Going Nowhere
7 Riot Coming
8 All Cleaned Out
9 First Timer
10 Go By
11 Miss Misery ( Early Version )
12 Thirteen ( Alex Chilton )

Disc Two
1 Georgia, Georgia
2 Whatever ( Folk Song In C )
3 Big Decision
4 Placeholder
5 New Disaster
6 Seen How Things Are Hard
7 Fear City
8 Either/Or
9 Pretty Mary K ( Other Version )
10 Almost Over
11 See You Later (Elliott Smith / Neil Gust )
12 Half Right (Elliott Smith / Neil Gust )
For a long time I made up most songs walking around at night, just 'cause I like walking around at night. And so I saw the moon a lot. It's a really overused image, but there's always ways to use overused images well, To make them new again, or to at least try to. I wouldn't say that I succeeded at that, but ...

[PR]

by drift_glass | 2007-05-19 12:43 | 聴く  

Mike Keneally "hat." "Boil That Dust Speck"

f0134076_1118868.jpgKeneally.com
Mike Keneallyオフィシャルの代理店Lou's Recordsから"hat."(1992)、"Boil That Dust Speck"(1994)各3000枚限定2枚組リマスターCDが届いたので、おのおののDVDを鑑賞。アルバムレコーディング映像や当時のライヴ、2006年の再結成ライヴ、インタヴュー(XTCがFrippがEnoが、とか言っているようだが聞き取れません)、おまけにオーディオアーカイヴズ(ケネリー版Fuzzy Warbles)がぎっしりアルバム1枚分くらい。

その中のピュルルン、ピュルルンと特徴的なキーボードのインストヴァージョン"My Immense Superiority Over the Silverfish"は、当時住んでいたアパートによく出没した“友”に捧げる曲なんだそうで、silverfishといえば響きはいいが西洋紙魚(セイヨウシミ)、畳の隙間や古本を住処とする足の少なめなフナムシみたいな奴のことだ。

体型はさらにビヤ樽のようになっていたがまだ45歳なんだな。
[PR]

by drift_glass | 2007-05-10 22:30 | 聴く  

BLACK SNAKE DÎAMOND RÖLE

・BLACK SNAKE DÎAMOND RÖLE / Robyn Hitchcock / CD (R2 71820)

The Man Who Invented Himself
Brenda's Iron Sledge
Do Policemen Sing?
The Lizard
Meat
Acid Bird
I Watch The Cars
Out Of The Picture
City Of Shame
Love
Dancing On God's Thumb *
Happy The Golden Prince *
I Watch The Cars #2 *
It Was The Night *
Grooning On A Inner Place *
* ボーナストラック

Hitchcockによると「The Man Who Invented Himself」でモンティパイソンの"Life of Brian" のフィナーレを飾る(同じ磔でも『パッション』とは大違いだ)「Always Look On The Bright Side Of Life」をちょっと真似てみたと!

「Love」にはTom(Thomas)Dolbyが参加。

きっかけがあると聴くCDはすぐ出せるところに置いてあるが、見ればその並びのアーティスト同士もなんらかの交流があったりして、と書けば大体どういう顔ぶれが並んでいるかお察しのとおりで、Captain SensibleとMartin Newell。アーティスト名をアルファベット順に並べるより、実際このほうが探しやすい。
[PR]

by drift_glass | 2007-04-07 09:06 | 聴く  

The Blue Nile (September 29, 1990)

The Blue Nile / September 29, 1990 / Free Trade Hall, Manchester

A Walk Across the Rooftops
Tinseltown in the Rain
Heatwave
Over the Hillside
Stay
Easter Parade
The Downtown Lights
Saturday Night
Headlights on the Parade

BBC 6music "The Dream Ticket"で2002年に配信されたもの。
1990年に"Hats"プロモーションを兼ねたツアーで14箇所で演奏した際、Paul Buchananはしばしば深刻なステージフライトに襲われていたらしい。 NMEのこの日のステージ評を読むとエヴィアン水の瓶を持つ手が震えていたというから遠目にもわかるほど緊張していたんだろう。
未聴の"Hats"から演奏された4曲ももちろん嬉しいが、'Easter Parade'の美しさといったら言葉であらわしようがないくらい。
[PR]

by drift_glass | 2007-04-07 08:53 | 聴く  

Talking Heads,  March 31, 1977

Talking Heads / March 31, 1977 / CBGB's, NY

f0134076_1214463.jpgTake Me to the River
No Compassion
Happy Day
I Feel It in My Head
Tentative Decisions
The Book I Read
Who Is It
Uh-oh, Love Comes to Town
Buildings on Fire
Psycho Killer (encore)

『ウィリアム・バロウズと夕食を バンカー(the Bunker)からの報告』の、ひとつも窓がないアパート(といっても日本で言うところの「アパート」とはちょっと違うと思うが)の近所だというCBGB="Country BlueGrass Blues"。 NYパンクの押しも押されもしない聖地のオープン当時のコンセプトが、カントリーとブルーグラスとは知らなかった。

演奏はバンドが4人編成で出演した初めてのステージで、そういえば"Psycho killer, qu'est-ce que c'est. Fa fa fa fa fa fa fa better"のDavid Byrneの歌い方もまだ中途半端な感じ。当時ファーストアルバムのレコーディング中だったらしい。
この曲もFM(本当に当時あの番組はよく聴いていたなぁ)で最初に聴いた途端に気に入ったのだった。
[PR]

by drift_glass | 2007-04-07 08:47 | 聴く  

Robert Fripp & David Sylvian

Robert Fripp & David Sylvian / October 26, 1993
中野サンプラザ

God's Monkey
Brightness Falls
Every Colour You Are
Jean The Birdman
Firepower
Damage
Exposure
Gone To Earth
20th Century Dreaming
Wave
Riverman
Darshaw
The First Day
Blinding Light of Heaven

David Sylvianヴァージョンの穏やかな'Exposure'はFrippのアルバムとかなり手触りが違う。それもまた良きかな。
アルバム"The First Day"収録曲のほとんどが演奏され、好きな'Jean The Birdman'も'Firepower'も聴け、Sylvianの声は時に睡魔を誘い、'20th Century Dreaming'ではっと目が覚め、いつの間にか演奏が終わっている、いかん。ライヴ会場で一期一会の演奏と向き合うのと、「いつでも聴ける」と弛緩して聴いているのとではこんなに差が出るものなのか。

で、このあとやっぱりFrippの"Exposure"を引っ張り出してきた。'Chicago'も久しぶりに聴きたくなったし。
[PR]

by drift_glass | 2007-04-07 08:38 | 聴く  

Elliott Smith (May 3, 2003)

・Elliott Smith / May 3, 2003 / Steamboat / Austin, TX

Happiness
Memory Lane
Rose Parade
Strung Out Again
Plainclothes Man [Heatmiser]
I Figured You Out
St. Ides Heaven
A Passing Feeling
Division Day
Between the Bars
Somebody's Baby
I Better Be Quiet Now
Pretty (Ugly Before)
Waltz #2 (XO)
satellite
Coast to Coast
Say Yes
Blackbird

AustinのライヴハウスSteamboatで開催された、Kealing Junior High Schoolの歴史教師Glynn Allen Owensを偲ぶ追悼・チャリティ(Owensの名を冠した奨学基金に収益が全額寄付された)コンサートでの演奏を収録したもの。

新しい'Coast to Coast'は彼にしては長い曲で、完成しかけていたというアルバムに入る予定だったのだろうか。 Beatlesの静かな曲 'Blackbird'も美しい。

公式やファンサイトで聴けるライヴの中には明らかに集中力を欠いた演奏もあったが(何曲も完奏できず"I can't play anything anymore tonight..."と呟いているものも)、このステージは友人のメモリアルコンサートであり、客席とのコミュニケーションもよくとれ、和やかな雰囲気だ。「完奏できるかどうか聴き手がハラハラする」のはプロとしてはもちろん失格で、そんな危なっかしい演奏も聴いたことがあるし、時々歌詞から心が離れうわの空になる、と曲をしばしば中断する理由を正直に答えたインタヴューも読んだ。

それでも'Say Yes'の途中で歌を止め「(歌詞は)I'm standing up、でも自分は座っている…」とくすくす笑いながら、おもむろに続きを歌いだしたり、またステージからこんなにおずおずと"Thank you"と言う人が(あのアメリカに)いる、いや、いた、とは。
[PR]

by drift_glass | 2007-04-07 08:32 | 聴く