カテゴリ:聴く( 70 )

 

Some Other Time / June Tabor

家人は大阪出張中、ついでに今日は息子と食事をするそうなので朝から音楽を聴き放題。
BGMはThe John Renbourn Group "A Maid In Bedlam"
アイリッシュトラッド"My Johnny Was A Shoemaker"をつい一緒に口ずさんでしまう。
到着便:
・キリル・ボンフィリオリ『深き森は悪魔のにおい』(サンリオSF文庫)

June Taborの歌うスタンダード集。ジャズに疎い私でも一度や二度聴いたことのある曲ばかりで、聴けば聴くほどアルトの歌声が耳に心地よく響く。
"Round Midnight"はRobert Wyattの歌うヴァージョンを『EPs』でも聴いたけれど、これもいいなぁ。

Some Other Time / June Tabor
CD (HNCD 1347)
f0134076_15171381.jpg
  1. Some Other Time
  2. Night And Day
  3. You Don't Know What Love Is
  4. Body And Soul
  5. This Is Always
  6. Pork Pie Hat
  7. Solitude
  8. I've Got You Under My Skin
  9. The Man I Love
  10. Meditation
  11. Sophisticated Lady
  12. Round Midnight

[PR]

by drift_glass | 2007-02-24 22:24 | 聴く  

Exit

Exit / Alice / 1998 / CD (wea 3934 24879 2)
女性ヴォーカルはそれほど聴かないが、Aliceはアルバムを何枚か持っているし渋いアルトが好き。これはイタリア盤で、買ってから日本盤も出ていることを知ったが後の祭り。
イタリア語の歌詞はさっぱり。Peter Hammillがクレジットされた2曲目 "Open your Eyes" は部分的に英語で、アリーチェと掛け合いの、当時MorcheebaのヴォーカリストSkye Edwardsのソフトなヴォーカルが意外な収穫だった。Skye在籍当時のMorcheebaのアルバムも探してみよう。

PHはヴォーカルでの参加はなく、歌詞のみ。惜しいっ!
"Open your Eyes"
Open your eyes, this is the world
Are you on your way to be free?
All of life is self-discovery
Are you on your way to be free?
All of life is self-discovery
Open your eyes, this is the world
Open your heart, accept the world
Are you on your way to be free?
All of life is self-discovery
Open your eyes, this is the world
Open your heart, accept the world
Don't be afraid, less will be more

[PR]

by drift_glass | 2007-01-31 21:30 | 聴く  

The Bruised Romantic Glee Club

Burningshedという穏やかならぬレコード会社から届いたJakko M Jakszykの新譜2枚組
"The Bruised Romantic Glee Club" 。 ん、ちょっと痩せた? 21st Century Schizoid Bandでの来日公演は行けず、ライヴはアルバムとDVDでしか経験できなかったけれど、Jakkoのヴォーカルをこうしてソロアルバムで聴けるのは嬉しいことだ。 変拍子のインストゥルメンタルあり、バラードあり、夢心地で聴いているような"Forgiving"はRobert Fripp参加曲。

CD 1 Now
1. The Bruised Romantic Glee Club
2. Variations on a theme by Holst
3. Catleys Ashes
4. Peggy Comes Home
5. Highgate Hill
6. Forgiveness
7. No One Left To Lie To
8. The Things You Throw Away
9. Doxy, Dali and Duchamp
10. Srebrinica
11. When We Go Home
f0134076_22371045.jpg
CD 2 Then (カヴァー集)
1.As Long As We Lie Perfectly Still (Wyatt/Ratledge)
2.That Still and Perfect Summer (Jakzyk)
3.Astral Projection In Pinner (Stewart)
4.Pictures of an Indian City (Fripp/Sinfield)
5.Nirvana For Mice (Frith)
6.Islands (Fripp/Sinfield)
7.9 Funerals Of The Citizen King (Hodginson)
8.Soon After (Jakzyk)
[PR]

by drift_glass | 2006-11-09 22:30 | 聴く  

一期一会

家人が『一期一会』(スピッツのカヴァーオムニバス)を購入。
早速車で聴くというので、奥田民生の「うめぼし」9曲目から再生してもらった。
11曲目の「チェリー」はPOLYSICS(去年ダムドのライヴに飛び入り出演してパン投げてたそうですよ)、イントロと間奏のメロ、アレンジ、歪んだヴォーカルまで、よくもまあヌケヌケと、の"21st Century Schizoid Man"のパロディでございました。
[PR]

by drift_glass | 2006-10-09 21:30 | 聴く  

Jollity

Jollity / Pugwash / CD / Karmit Hit(KH030)
f0134076_11222260.jpg
1.It's Nice To Be Nice
2.Black Dog
3.A Rose In A Garden Of Weeds
4.I Want You To Back In My Life (for Mam)
5.This Could Be Good
6.Poles Together
7.Even I
8.Something New
Waltz #71
9.Lullaby #1
10.Anchor

オリジナルリリースは2005年。
前作の"Earworm"と同じシドニーのKarmit Hit Records盤を入手したが、ダブリンのインディレーベル1969 Recordsからもリリースされた。録音の著作権は1969 Recordsに帰属するらしい。

BeatlesやMartin Newell、Damien Riceが好きならPugwashの音楽はアレンジ、ヴォーカルひっくるめて気に入ると思う。新しさや刺激を求めたい人には興味の対象外かもしれないが、あいにく私はこういう音楽が大好きなので愛聴している。適度な湿り気のある暖かな音楽性で、6曲にDave Gregoryが参加。 1998年に結成され幅広く活動しているというThe Section Quartetのストリングスも聴きもの。
アルバムをしめくくるのにふさわしい"Anchor"は(直接の参加はしていないが)Andy Partridge他1名との共作で、PugwashのヴォーカルスタイルがAPと似ているせいもあるのだが、この曲をAPが歌うのを聴いてみたい、と本当に思う。
[PR]

by drift_glass | 2006-08-03 21:30 | 聴く  

Tape Recorder / Yazbek

Tape Recorder [collected works] / YAZBEK / CD (What Are Record?)

f0134076_6335449.jpg1.Strange Warm Day
2.Monkey In The Middle
3.Two Crows
4.Muscleman
5.The Wind
6.Here Come The Ducks
7.Cowgirls Go To Santo Domingo
8.Montgomery, Alabama
9.Schmack In A Vacuum
10.Never Know
11.Surface Tension
12.Breeze Off The River
13.Mississippi Honeymoon

『フル・モンティ』『ペテン師と詐欺師』のブロードウェイミュージカル版で音楽を担当、『ペテン師と詐欺師』でトニー賞歌曲賞候補になったDavid Yazbek。これまでに発表した3枚のアルバムからと『フル・モンティ』書き下ろし曲(2005年録音)を収録したベストアルバム。
"The Laughing Man"(3/96)
"Tock"(4/98)
"Damascus"(7/01)
"Damascus"からの5曲が(前2作ももちろん好きだが)たいそうよかったので、リリースもチェックしていなかった自分に舌打ちしつつ注文。
...and Andy Partridge, my friend of the last 16 years, who has served as an inspiration as well as occasional co-conspirator and ongoing correspondent.

[PR]

by drift_glass | 2006-06-27 21:30 | 聴く  

ノヴァ・カルミナ

・高橋鮎生『ノヴァ・カルミナ』(1986 MIDI 35MD-1021)

嬉しいことに1曲だけ女性が朗読するCarl Orff版のカルミナ・ブラーナ"Veris Leta Facies(春の愉しい面ざしが)"が入っている。 これは個人的な好みによるものだが、鮎生さんは歌うより朗読の声のほうが魅力的だと思う。
PH朗読の"Gretas Ago Veneri"の背景にはバースのせせらぎの音。
[PR]

by drift_glass | 2006-03-12 22:30 | 聴く  

GYPP - Reunion Concert / Gypp

・GYPP - Reunion Concert / Gypp / CD(JAR-040)
Sunday, September 8th 1996
Ian Peppercorn
Martin Newell
Jock Davies
Brian Rudd
John Butters
Tony Phillips

1974年Ipswichで結成され、オリジナルメンバーはIan Peppercorn(G), Brian Rudd(Key), John Butters(D), Jerry Hovell(Vo,G), Roger-Clerke Johnson(B)。60年代ソウル/ポップシーンを継承した音楽性で、カセットテープによるコンセプトアルバム"The Guild Of Watchers" をリリース、そこそこの人気を得ていた。

1976年Hovell, Clerke-Johnsonが脱退。メインソングライターHovellの穴をMartin Newellが埋め、バンドはよりスペーシーでサイケデリックな音楽性を前面に出し各地の野外フェスやクラブツアーに出る。
1978年初めTony Phillips(B)が参加しリズムセクションを補強、秋までにファーストシングル"YAHH!"をレコーディング。 1979年国内でさらに演奏活動の場を広げたところでMartin Newellが自身の創作活動を優先するため脱退(以後彼は10年近く演奏活動から離れる)。

1980年にGYPPはJock Davies(Vo)を迎え、ドイツへツアーに出る。新曲を書き溜めていたバンドは帰国後ロンドンでシングル"Airship"をレコーディングしたが、これがリリースされることはなく、翌年の夏Davisが脱退し、GYPPの活動は幕を閉じた。

Tony PhillipsはCaptain Sensibleのソロアルバムレコーディング時のエンジニアで、その後、Joni Mitchell, Prefab Sprout, Pete Townshend, John Lydon, Seal, Celine Dionなどのレコーディングも手がけているそうだ。

リユニオンコンサートではNewellとDavies(Robert Plantのような歌いっぷり)がほぼ半分ずつヴォーカルを担当。彼のライヴでは最もキーボード色の強い分厚いバンドサウンドで、ヴォーカルも負けじと力強いのに驚かされる。 Gyppとしての演奏なのでNewellの新曲ではないが、初めて聴く曲ばかりで楽しかった。
[PR]

by drift_glass | 2005-11-30 01:04 | 聴く  

Aitara / Värttinä

Värttinä / Aitara (1994) / CD(NSD 6050)

Katariina
Tumala
Maamo (Mother)
Niin mie mieltynen (The Beloved)
Mie tahon tanssia (I Want To Dance)
Tammi (The Oak)
Pirsta (Silver)
Outona omilla mailla (A Stranger In My Own Land)
Travuska
Yötulet (The Night Fire)
Kannunkaataja (The Tippler)
Aitara
This 1994 recording offers a particularly strong set of Värttinä tunes, with powerful melodies and well-crafted arrangements. As usual, the four female vocalists are at center stage, with the beautiful, weaving vocal harmonies which have become the band's trademark.

クレジットによるとフィンランドの伝統音楽をアレンジした曲とオリジナルの混合らしい。このグループ初期のメンバーPauliina Lercheのソロアルバムを先に聴いていたので、全曲ハイなコーラスに彩られるVärttinäの音楽をアルバム1枚通して聴くと、賑々しさに少し疲れてしまった。もちろんぴたりと4人の息のあったコーラスと変拍子がたまらない、という人のほうが多いんだろうな。自分にはある程度風通しのよい、音の隙間を残したPauliinaのアルバムのほうが合っているみたいだ。
[PR]

by drift_glass | 2005-08-22 22:52 | 聴く  

Sluggo! / Mike Keneally & Beer For Dolphins

・Mike Keneally & Beer For Dolphins / Sluggo! (1997) / CD (IMM 1018)

Potato
I, Drum-Running, Am Clapboard Bound
Why Am I Your Guy?
Looking For Nina
Frozen Beef(Come With Me)
TRANQUILLADO
What Happened Next
Chatfield Manor
Beautiful
"I Guess I'll Peanut"
Voyage To Manhood
Egg Zooming
Own
I'm Afraid
Cardboard Dog
Sluggo

親しみやすいポップな曲の間に「Looking For Nina」みたいなにやり、どころか、音を聴いて思いっきりにんまりしてしまうおいしい曲が入っている。 NinaとかAlとか何のことかさっぱりわからなかったところは、Mike Keneally's "Sluggo!": A Lengthy Review にちゃんと解説(正しいスペルはAl HirshfeldでなくHirschfeld)されていたので謎も解決。

「I'm Afraid」では、自分の選んだ道(家族と一緒に過ごす時間を犠牲にしてまで)について自問している。子供が小さいうちはなおさら。アルバムのラストでなくその手前にさりげなく置かれた曲だから、こんな本音も垣間見ることができるのかな。

この人のアルバムはどれもブックレットに文字情報が多くて、なかなかまともに全部読めていない。が、こんなサービス精神旺盛なにぎにぎしさが大好きだ。
[PR]

by drift_glass | 2005-05-19 22:37 | 聴く