カテゴリ:観る( 55 )

 

ラオ博士の七つの顔(1963)

f0134076_23114084.jpgジョージ・パル監督
『ラオ博士の七つの顔(7 Faces of Dr. Lao)』
チャールズ・G・フィニー「ラーオ博士のサーカス」の映画化作品。

楽しくてエロティックで、教訓めかさずにちょっと考えさせられるチャールズ・ボーモントの脚本と、ラオ博士から牧神、占い師、メデューサ、海蛇まで特殊メイクで演じ分けている身軽なトニー・ランドールの魅力がいっぱいだ。

ラオ博士のちゃんかちゃんかしたテーマ(Hurdy Gurdy)と牧神の踊り(Pan's Dance)が耳から離れない。
音楽担当のリー・ハーラインはディズニー・アニメ出身で、あの「白雪姫」(ハイホー!)「ピノキオ」(星に願いを)の作曲者なのだ。
[PR]

by drift_glass | 2008-05-22 23:06 | 観る  

アメデオ・モディリアーニ 神に愛された天才

f0134076_16113951.jpg
名古屋市美術館開館20周年記念
「アメデオ・モディリアーニ 神に愛された天才」
ちょっと前にたまたま放映されていたアンディ・ガルシア主演の「モディリアーニ 真実の愛」(2004)のラスト15分くらいだけ、いちばんショッキングなところを観た。芸術家らしく夭折した美形だったとは何かで知っていたのだが、身重の妻が後を追っていたとは。

モディリアーニの描く人物には虹彩の描かれていないものが多い。片目にだけ虹彩の描かれた肖像画もある。人に聞かれて(虹彩のないほうの目は)自己の内面を見つめているのだ、と答えたとか。ジョン・ファウルズの傑作『魔術師』 モーリス・コンヒスのいわくいいがたい「目」はあの虹彩のない肖像画たちで補完するとしよう。

【追記1】モディリアーニ伝記映画では、ジェラール・フィリップがモディリアーニ、アヌーク・エーメが妻ジャンヌでの出演作『モンパルナスの灯』を薦めていただく。

【追記2】東海テレビで『モンパルナスの灯』放映。
それもそのはず開催中のアメデオ・モディリアーニ展は、東海テレビ放送開局50周年記念/名古屋市美術館開館20周年記念だとか。慌てて録画予約を。
[PR]

by drift_glass | 2008-04-26 21:30 | 観る  

アラバマ物語

f0134076_10311027.jpgロバート・マリガン監督『アラバマ物語 (To Kill a Mockingbird)』(1962)

アカデミー主演男優賞(グレゴリー・ペック)、脚色賞、モノクロ美術賞
原作:ハーパー・リー(Harper Lee)「アラバマ物語/ものまね鳥を殺すには」

きれいな声で歌うだけで畑を荒らすこともないマネシツグミを撃ってはいけない、と弁護士の父親は子どもたちに言い聞かせる。偏見に晒された社会的な弱者と重ねあわされる、自分自身の声を持たないマネシツグミ。それは白人の娘を強姦したという無実の罪をきせられたトムであり、また極度に内気な(おそらくなんらかの問題を抱えていると思われる)隣人「ブー」ことアーサー・ラドリーであり。モノクロの画面は、南部に根強かった激しい人種差別を無言で伝えていたように思う。
そうそう、劇中"crime""guilt""sin"の三つの「罪」が使い分けられていた。

語り手である女の子スカウトのきりっとした眉とまなざしが心に残った。それから、先日読んだ短編に出てきたツリーハウスの実物を、映画の中で見られたのは幸運か。
[PR]

by drift_glass | 2008-03-04 23:43 | 観る  

拝啓天皇陛下様

野村芳太郎監督『拝啓天皇陛下様』(1963年)

小林信彦の渥美清評伝「おもろい男」で興味を持った作品。
山田正助は物心つかぬうちに両親に死別した。腹いっぱい三度のオマンマにありつける上、俸給までもらえる軍隊は、正助にとって『天国』だった。意地悪な上官のイビリも問題ではない。昭和7年大演習の折、正助は天皇陛下の「実物」を見た。この日から正助は天皇陛下が大好きになる。戦争が終わるという噂が巷に流れ出すと、正助は『天国』から送り出されまいと、自分一人くらいは軍隊に残して下さいと手紙を書き始めた。「ハイケイ天ノウヘイカサマ…」 (DVDパッケージより)

正助に読み書きを教える朴訥とした代用教員あがりの初年兵を本来ボケ役の藤山寛美が演じて、出番は少ないがすごくいい。
[PR]

by drift_glass | 2007-12-26 00:43 | 観る  

叫びとささやき

イングマール・ベルイマン監督『叫びとささやき』(1972年スウェーデン)

殉教聖女アグネスの名前をいただく女性が苦しみぬいた挙句の死と、ぶざまに捻じ曲がった両足の形。姉カーリン(イングリッド・チューリン)と妹マリア(リヴ・ウルマン)が長年の溝を埋めようと会話をほとばしらせる場面のマリアの顔、特に(言葉を雄弁に裏切っている)薄い色の目を強調したアングル。

また姉妹の見せかけの和解のあと、彼女たちがいまだ天国の安息を得られずにいるアグネスの魂を受けとめるどころか「腐りかけているのよ!」と恐れ拒絶し本音を吐き出させる演出には情け容赦がない。
[PR]

by drift_glass | 2007-12-13 22:56 | 観る  

刑事マルティン・ベック

f0134076_11292185.jpg・ボー・ヴィーデルベリ監督『刑事マルティン・ベック』(1976年スウェーデン)
Mannen På Taket
DVD (KKDS 398)

原題は「屋根の上の男」
マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー『唾棄すべき男』(角川文庫)の忠実な映画化で、マイ・シューヴァルによればマルティン・ベックのモデルは「若き日のヘンリー・フォンダ」だそうだが、映画ではでっぷり太ったコメディアンのカール=グスタフ・リンドステッドが演じている。地道な聞き込み捜査や「デカ長」の呼び名が似合うからいいか。

DVDパッケージにはヘリからロープで吊り下げられたスナイパーが写っているが、彼(スタントマン)はリアリティを追求する監督の命令で本物の(豚の)血を口に含み撮影に臨んでいたそうだ、嗚呼。
主役が途中退場!と驚いたが、刑事とて超人ではない。動けなければ同僚が後を引き継ぐのは現実では当然のこと。引き継いだラーソン(負傷した頭を紙ナプキンで応急処置したまま走り回る)のとどめのひとこと。
「問題だな」
……。
[PR]

by drift_glass | 2007-12-09 11:29 | 観る  

カラスの飼育

f0134076_13284250.jpg・カルロス・サウラ監督『カラスの飼育』(1975年スペイン)
Cría Cuervos
DVD (THE CRITERION COLLECTION 403)

アナ・トレントのつぶらな瞳は健在だ。
繰り返し流れる曲 "Porque te vas" (Because you are leaving) "を歌っているのはJeanette。恋人との別れに泣く少女の歌が、母親を慕う子供の心情とオーバーラップしてもの哀しい。

原題はスペインの諺より。「恩を仇で返す」とか「飼い犬に手を噛まれる」という意味だそうだ。
Cría cuervos y te arrancarán los ojos.
(If you raise crows, they will peck out your eyes.)
両親をあいついで亡くした幼い三姉妹。優しく繊細な母親を賛美し彼女の幻影をしばしば見る真ん中の娘アナは、厳格な未婚の叔母にことごとく反発する。叔母も反抗的なアナへの愛情を次第にすり減らす。とうとうアナは「ひとさじで象も殺せる毒」を父の時と同じように叔母のミルクに溶かし……

アナが母親の幻影と戯れる場面はなかなかエロティックだ。
f0134076_0451482.jpg

[PR]

by drift_glass | 2007-12-07 00:45 | 観る  

パフューム ― ある人殺しの物語

f0134076_23291389.jpg・「パフューム ― ある人殺しの物語」(独・仏・スペイン 2006)
Perfume: The Story of a Murderer
トム・ティクヴァ監督
原作:香水 ある人殺しの物語パトリック・ジュースキント
18世紀のパリ。孤児のグルヌイユは生まれながらに図抜けた嗅覚を与えられていた。真の闇夜でさえ匂いで自在に歩める。異才はやがて香水調合師としてパリ中を陶然とさせる。さらなる芳香を求めた男は、ある日、処女の体臭に我を忘れる。この匂いをわがものに……欲望のほむらが燃えあがる。稀代の“匂いの魔術師”をめぐる大奇譚。
文藝春秋社 内容紹介より
私が映画の原作を先に読んでいることは珍しいのだが、この作品のおかしさと奇妙な味わいを生かした池内紀氏の訳がとてもよく、しかも原作ではもちろん映画より丁寧に「鼻男」の生涯をたどることができるため、今回は運がよかった。
「Winterschläfer(Winter Sleepers)」「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァ監督作品。グルヌィユがその驚異的な鼻でローラの行方をたどるカメラの飛行感覚、見覚えのある特徴的なカメラワークが気になり調べてみると、撮影監督はやっぱり前述の作品でもティクヴァ監督と組んでいるFrank Griebeだった。

グルヌィユと関わる(利用する、または覚えている)人間はみな役目を終えるとあっさり死んでいく。驚異的な嗅覚の持ち主でありながら皮肉にも自らの体臭がなく、気配すら知られず、したがって人の記憶にも残らないグルヌィユ。彼自身が求める匂いは生きた処女からしか得られず、グラースで匂いの保存方法を習得した彼は花を摘むように娘たちから匂いを「摘み取り」または「刈り取り」、ひたすら匂いの蒐集にいそしむ。もっとも執着していた最高の材料を得た彼は究極の匂い、人々が自分の体臭から逃れるため香水を使うのとは逆に、それをまとえば人々を思いのままに操れる「彼自身の体臭」を作り出した。

RADA出身ベン・ウィショーの獣性をおびた面構えは主人公ジャン=バチスト・グルヌィユにぴったりだ。(グルヌィユとその「究極の香り」に魅了された人々の様子にはサラリーマンNEO「セクスィー部長」をちょっと連想してしまったよ)
原作のグルヌイユは醜く、徹頭徹尾人でなしで、最初に手をかけた娘との美しい幻想シーンやセンチメンタリズムとは無縁な男なんだけどな。
[PR]

by drift_glass | 2007-09-17 23:44 | 観る  

Zdzilsaw Beksinski

f0134076_12221880.jpg"The Fantastic Art of Beksinski (Masters of Fantastic Art)"
(Morpheus Intl)
ポーランドの画家 Zdzilsaw Beksinski(1929-2005) の画集。
I was born, and I shall be doing my best not to die, but I'm sure I won't manage it.
I never ask myself, "what does it mean?" either with respect to my own pictures, or anyone else's. Meaning is absolutely meaningless to me. It's worth as much as the taste of chocolate in a literary description.
I prefer to be observed from the point of view of psychology, or even psychiatry, rather than of that artsy-fartsy Art with a capital A.
少年時代の夢は映像作家だったというベクシンスキー。「より実用的な学問を」という父の説得により大学では建築を専攻し卒業後カメラマンとして活動。そのかたわら制作していた絵画、ドローイング、彫刻などが1964年ワルシャワで開かれた初の個展で完売となる。1997年からはコンピュータによる写真モンタージュ制作にも活動の幅を広げていたが、2005年自宅で殺害される。
[PR]

by drift_glass | 2007-08-30 08:53 | 観る  

狼男アメリカン

f0134076_7424120.jpg・ジョン・ランディス監督『狼男アメリカン』(1982)
"An American Warewolf in London"
アメリカ人バックパッカー、デヴィッド(デヴィッド・ノートン)とジャック(グリフィン・ダン)は思うままに旅を楽しむ為に三ヶ月の休みを利用してヨーロッパに旅立った。最初に訪れた地、イギリスの郊外で立ち寄ったパブ"The Slaughtered Lamb"で二人は地元の人々に奇妙な警告を受ける。「真直ぐに道を歩け」「荒地は危険だ」「月に注意しろ」と……。
釈然としないままパブを出た二人は夜の闇の中を歩き始めた。気がつけば“荒地”に迷い込み、夜空には“満月”が……。そして不気味な遠吠えが聞こえ、“獣”が二人をつけ始めていた……。“獣”に殺されたものは不死者として永遠にこの世を彷徨う。“獣”に殺されずに生き延びた者にも過酷な運命が待っている……
Beware the Moon
今日買ってきたDVDでさっそく鑑賞。パッケージの解説(上記)にはこわそうなことばかり書かれていたが、意外やオフビート感覚のホラーコメディだった。美しい『ブルームーン』の調べがこんな時やあんな時に……

満月の晩、狼の最初の犠牲者となるジャックは先週観たヒッチコック劇場の「ビン詰めの魔物」で主役の芸術家を演じていたグリフィン・ダン。狼男の血筋を絶ち呪いが解けるまで死ぬこともままならない。一緒に襲われた友人デヴィッドに会いに来るたびに生き腐れてきているゾンビのジャック(ひ~~)。
f0134076_7223779.jpg次の満月の晩、ついに変身してしまったデヴィッド。 狼男になった自分を野放しにすればまた新たな犠牲者が出る、事情を知らず「騒ぐと逮捕する」と言う警官の前で「女王は男だ!皇太子はゲイだ!シェイクスピアはフランス人だ!」とわめきたて身柄を拘束してもらおうとするが空回り、状況はいよいよ袋小路に。異郷の地ロンドンで家族への愛と別れを伝えるにもコレクトコール、デヴィッドの孤独感がせつなく伝わる。

ジャックは彼をポルノ映画館に誘い込み、デヴィッドの犠牲者たちと「さあ自殺しろ、呪いを断ち切れ」といろんな死に方を教示するのだな。
「死人がそう言うのは簡単だな」
「死んではいない、アンデッドだ」といちいち反論するゾンビたち。
うーん、でも「血筋」は本当に絶えたのかな?

デヴィッドの世話をする看護師にジェニー・アガター、とりすました制服姿と恋人へみせる表情の差が大きく、うまい女優さんだと思う。好きな作品への出演作が多くて嬉しい。
[PR]

by drift_glass | 2007-07-17 07:33 | 観る