<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

Swans at Coole / Steve Tilston

Swans At Coole (1991) / Steve Tilston / CD (D2-71366)

Rhapsody
The Wind That Shakes The Barly / The Ladies Pantalettes
(traditional reels)
Planxty Corcoron (O'Carolan)
The Monaghan Jig (traditional)
Prelude
Ernie Clarke's Lament
Lullaby
Stuart Gordon - violin (1,2,3)

どうせ聴くなら、と興味のあるジャンルで探してみるとこのアルバム。 Steve Tilstonの歌もの(手違いで送られてきた『and so it goes ...』)もきれいな音楽だったが、ヴォーカルの入らないこちらのほうが気が散らなくていい。Tilstonの歌声が好き、という人には非常に心苦しいのだった。

「Rhapsody」から「Merrily Kissed The Quaker」(Greatest HatsのB面ラスト)のフレーズが流れてきて、ギターによるアレンジ主体なので同じ曲でもおもしろいほど雰囲気が変わる。 John Renbournといいこの人といい音色が柔らかなのは二人ともフィンガースタイルのギタリストだからなのか、と毎回発見が続く。それもまた楽しい。
[PR]

by drift_glass | 2005-02-24 23:00 | 聴く  

Modern Lullaby / Martha And The Muffins

f0134076_9465644.jpgModern Lullaby (1992) / Martha And The Muffins
CD (SPV 084-45382)

To Dream About You
Fighting The Monster
Rainbow Sign
Modern Lullaby
Paradise
The Looking Time
Birdcage Walk
Everybody Has A Place
Show Me Your Magic
Million Dollars
Where Blue Meets Green
Written, Performed and Produced by
Mark Gene and Martha Johnson
With
David Pitch - Bass
Stuart Gordon - Violin(2,3,8)
Michael Sloski and Tim Gene - Additional Percussion
Paul Ridout - Sound Advice

M+M名義で出した『The World Is A Ball』(1985)でプログラミングを担当したPaul Ridoutの協力を得てバースで1988年から2年半かけて録音、トロントでベースとドラムスパートを追加。 2,3,8はPVも製作されたにもかかわらず、リリース元Intrepid Recordsの倒産によりほとんどプロモーションされなかったらしい。

それはそうと、バースの夢のように美しい街並を反映しているような"Stuart Gordon's evocative playing"、だって。
[PR]

by drift_glass | 2005-02-22 23:47 | 聴く  

live body, live spirit / h band

live body, live spirit (2002) / h band / 2CD (PACD055)

CD 1 Spirit
The Evening Shadows
Better Dreams
Cage
The Deep Water
Life Is A Long Song(I. Anderson)
Song To The Siren(T. Buckley)
Man Of The World(P. Green)
The Old Wild Man(Godley/Creme)
New Amsterdam(E. Costello)
Xen&Now(A. Ibrahim)
Nothing To Declare

CD 2 Body
Dream Brother(J. Buckley/M. Johnson)
I Don't Remember(P. Gabriel)
Really Like
The Loving(A. Partridge)
Life On Mars?(D. Bowie)
Maybe I'm Amazed(P. McCartney)
Until You Fall
The Last Thing(h/Barbieri/D. Gregory)
See Emily Play(S. Barrett)
You Dinosaur Thing
Estonia(Hogarth/Kelly/Mosley/Rothery/Trewavas)
This Is The 21st Century(Hogarth/Kelly/Mosley/Rothery/Trewavas)
h : Voice, Songs, Piano
David Gregory : Guitars
Aziz Ibrahim : Guitars
Richard Barbieri : Synthesizers
Stephanie Sobey-Jones : Cello
Jungles : Bass Guitar
Dalbir Singh : Tabla
Andy Gangadeen : Drums

Racket Recordsでセットリストを見た途端「聴きたい」と思ったライヴアルバム。
ステージ(2001年8月8日 - SPIRIT、8月9日 - BODY)で演奏する曲目を煮詰めていく様子が(小さくて読みづらいが)、転載されたh (Steve Hogarth)とDave Gregoryのメールで読める。リハーサル期間は2週間もなかったらしい。

"former band-mate" Andy Partridgeに対する感情がわずかに("s-l-i-g-h-t-l-y")回復した、というDave Gregoryがずっとステージで演奏してみたかったがXTCではもちろん叶わなかった「The Loving」はどうか、と打診したのが6月18日、hがほぼ最終的なセットリストをメンバーに伝えたメールに「The Loving」が入ったのが7月27日、hがDaveに「The Loving」の歌詞を覚えるから送ってくれるよう依頼したのが8月2日。この時点でまだ「The Old Wild Man」は譜面に起こしたばかり……。
[PR]

by drift_glass | 2005-02-06 23:50 | 聴く  

The Black Balloon / John Renbourn

The Black Balloon (1979) / John Renbourn / CD (CMRCD1063)

The Moon Shines Bright
The English Dance
Bourée I and II
MEDLEY:
The Mist Covered Mountains of Home
The Orphan
The Tarboulton
The Pelican(Renbourn)
The Black Balloon(Renbourn)
Produced by John Renbourn
Recorded by David Lord at Crescent Studios
John Renbourn - guitars
Tony Roberts - flute
Stuart Gordon - tabors

Pentangleのベスト『The Collection(CCSCD 184)』は聴いた覚えがないのになぜか持っている。 Stackridge同様、何かのきっかけで買ったまま他に優先するものがあり、そのまま忘れてしまったんだろう。

『Black Balloon』は再発されたばかりの(珍しく)新品で購入したCDだが、ジャケットに描かれたRenbournのオリジナル曲(5,6)のタイトルであるペリカンと気球に「どんな音楽だろう」と気持ちをそそられるようなデザインだった。

1~4はトラッドをRenbournがアレンジ。アルバムを通してギター、フルート、テイバー(tabor:1本のスティックで打つ小型の太鼓)のみで演奏されヴォーカルはないが、「The Mist Covered Mountains Of Home」(ゲール語を英訳した歌詞を読んだ)は、厳しい暮らしを送りながら決して変わらない心の中の故郷と家族を思う人たち、そういう働く人たちのための音楽だった。

実家はあるが「ふるさとの山」はない自分でも、目を閉じてこの曲を聴いている間だけは時と空間を越えて彼らの故郷に一緒に戻ってきたような気持ちになれる。
[PR]

by drift_glass | 2005-02-04 23:51 | 聴く